NYの街の奥底で暮らす母娘の、心震える愛の物語『きっと地上には満天の星』がいよいよ今週末8月5日(金)より全国順次公開。このたび監督からのメッセージ映像と本編冒頭映像が解禁された。

「年月と愛情をかけた、とても大切な作品です」

本作は、実在した地下コミュニティへの潜入記「モグラびと ニューヨーク地下生活者たち」や、地下生活者を捉えた写真集「The Tunnel:The Underground Homeless of New York City」などをヒントに、社会に疎外された人々の過酷な現実と愛を描く感動作。NYの廃トンネルで暮らしていたニッキーは、ある日不法居住者の取締りにあい、仕方なく5歳の娘リトルを連れて地上へと逃げ出す。生まれて初めて外の世界に出たリトルを連れて、NYの街をさまようニッキー。二人は夜空に星を見つけることはできるのか。

このたび解禁されたメッセージ動画では、監督のセリーヌ・ヘルドとローガン・ジョージが「年月と愛情をかけた、とても大切な作品です。日本で劇場公開されることを、本当にうれしく光栄に思います。ぜひ観て下さい」と語る。

数年前に、インターナショナルスクールで演劇を教えるために、東京に滞在していたこともあるというふたりにとって、本作が日本で公開されることは、とてもうれしく感慨深いことだそう。メッセージの最後には慣れた日本語で「ありがとうございます!」と笑顔を見せている。

あわせて本編の冒頭のシーンも解禁。廃トンネルの中で生まれ育った少女リトルが、母親と仲睦まじく暮らしている暗闇の中の日常が描かれる。私たちにとって未知の地下空間が、リトルにとっては楽しく安全な“ホーム”なのだということが、このシーンから伝わってくる。

また、初日プレゼントも決定し、8月5日(金)より上映を行う6劇場にて、来場者に“満天の星空マスク”をプレゼント。夜空いっぱいに広がる星空のようなキラキラのマスクとなっている(※数量限定のため、なくなり次第終了)。実施劇場は以下にて。

『きっと地上には満天の星』は8月5日(金)新宿シネマカリテ ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか 全国順次公開。

初日プレゼント実施劇場

(東京)シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷
(名古屋)ミッドランドスクエア シネマ
(京都)京都シネマ
(大阪)シネ・リーブル梅田
(福岡)KBCシネマ

作品情報

きっと地上には満天の星
2022年8月5日(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか 全国順次公開

STORY
NYの廃トンネルで暮らしていたニッキーは、ある日不法居住者の取締りにあい、仕方なく5歳の娘リトルを連れて地上へと逃げ出す。生まれて初めて外の世界に出たリトルを連れて、NYの街をさまようニッキー。二人は夜空に星を見つけることはできるのか。

監督・脚本:セリーヌ・ヘルド&ローガン・ジョージ
出演:ザイラ・ファーマー セリーヌ・ヘルド ファットリップ ジャレッド・アブラハムソン

2020年/アメリカ/英語/ビスタサイズ/カラー/5.1ch/90分/原題:Topside
日本語字幕:福永詩乃 配給:フルモテルモ/オープンセサミ

© 2020Topside Productions, LLC.All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事