B 級映画の帝王ロジャー・コーマンが製作総指揮し、パンク・ロックバンドのラモーンズ(RAMONES)が出演したロック映画の決定版『ロックンロール・ハイスクール』(9月23日公開)の日本版予告編が解禁された。

「ロックンロール・ハイスクールの始まりよ!」

本作は、1979 年に制作されたものの日本では正式なロードショー公開は無く、イベント上映などで終わっていた伝説的作品。パンク・バンドのRAMONESが多くの映画出演オファーを断りながらも唯一出演した痛快ロック・ムービーだ。原案はアラン・アーカッシュと『ピラニア』(78)のジョー・ダンテ。撮影は『ハロウィン』(78)『遊星からの物体 X』(82)や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズを手掛けるディーン・カンディ。メンバー全員がコーマンファンということで出演を快諾したラモーンズは劇中でライヴ映像5曲を披露している。

今回解禁となった日本版予告編は冒頭から「HEY HO LETʼS GO!」の掛け声で有名な「電撃バップ」をRAMONES がライヴで歌うシーンから始まる。

P・J・ソールズ演じるリフ・ランデルの「ロックンロール・ハイスクールの始まりよ!」の声から学園中が踊りだすと同時に「シーナはパンク・ロッカー」、リフの歌う「ロックンロール・ハイスクール」とロックンロール三昧の BGM になだれ込み、ハチャメチャな学園生活がロジャー・コーマン色を一気に強める。

だが突然、ロック全面禁止校長のトーガーがRAMONES の 3rd アルバムを燃やし始める。ロックを聴くと爆発するネズミ、RAMONES 登場、そして学園がハチャメチャになり、爆発! “超コーマン品質”の期待通りの予告編となっている。

『ロックンロール・ハイスクール』は9月23日(金)よりシネマート新宿にて、以降全国順次公開となる。

作品情報

ロックンロール・ハイスクール
2022年9月23日(金)よりシネマート新宿にて公開 ほか全国順次公開

監督:アラン・アーカッシュ 製作:マイケル・フィネル 製作総指揮:ロジャー・コーマン
原案:アラン・アーカッシュ、ジョー・ダンテ 脚本:ジョセフ・マクブライド 撮影:ディーン・カンディ
出演:P・J・ソールズ、ヴィンセント・ヴァン・パタン、メアリー・ウォロノフ 、 ポール・バーテル、
クリント・ハワード、ディック・ミラー、デイ・ヤング、RAMONES
(1979 年|アメリカ|93 分|PG12|原題:ROCKʼNʼROLL HIGH SCHOOL)

© 1979 New World Productions Inc. All Rights Reserved.
キングレコード提供|ビーズインターナショナル配給

公式サイト newworldpicturesmovie.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事