チェコスロバキアの山岳地帯に暮らす老人たちの日常とその人生哲学を描くドキュメンタリー映画『百年の夢 デジタル・リマスター版』が12⽉3⽇(⼟)〜シアター・イメージフォーラムにて公開されることが決定した。

生と死についての黙想とでもいうような哲学的世界

『百年の夢』は 1972 年、共産党政権下のスロバキア共和国で製作されたが、完成後、16 年間の長きにわたり、当局により輸出禁止とされていたドキュメンタリー映画。禁止が解かれた直後の1988年に、ニヨン国際映画祭グランプリを始め、ライプツィヒ国際映画祭ドン・キホーテ賞と国際批評家連盟賞受賞、香港国際映画祭など世界各地の映画祭で上映されている。

日本では、1989年に「第一回山形国際ドキュメンタリー映画祭」にて特別招待作品として上映され、3 年後の 1992 年 5 月に劇場公開。このたびデジタル・リマスター版が完成し、再公開が決定した。

東ヨーロッパ、ポーランドとチェコスロバキアの国境からウクライナを経てルーマニアに至るカルパチア山脈の東側、スロバキアのファトラ山地。この痩せた土地で、厳しい自然条件と孤独と闘いながら、農業や羊飼いを生業として暮らしている 70 歳以上の老人たちを、日常生活とインタビューを通して丹念に描いた本作は、生と死についての黙想とでもいうような、哲学的世界をつくりあげている。

ある老人は、「人間喜劇」と名付けたからくり人形作りに熱中し、それは驚くばかりにの精緻さで動く。「百年生きてきた」と語る羊飼いは、第一次世界大戦への従軍で、ドイツ語、フランス語、ロシア語を始め数か国語を理解できる、と語る。また事故で歩くことができず、25 年間、膝を使って暮らしてきただけではなく、自力で家を建築した男性も。めんどりと共に暮らし、めんどりに聖書を読んできかせる老人…… 。彼らの愛や家族、夢、労働や人生の意義が語られる。

作品情報

百年の夢 デジタル・リマスター版
2022年12月3日(土)〜シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

脚本・監督:ドゥシャン・ハナーク
撮影:アロイズ・ハヌセック
音楽:G・F・ヘンデル/ヴァクラフ・ハレック/ヨーゼフ・マロヴェッチ
撮影協力:ヤン・シュワンクマイエル
製作:ユライ・クラール
1972 年/スロバキア製作/モノクロ/71 分 ドキュメンタリー

配給:パンドラ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事