クワイエット・ライオット、オジー・オズボーン・バンドの初代ギタリストであり、今年、没後40年を迎えた永遠のギターヒーロー、ランディ・ローズのドキュメンタリー『ランディ・ローズ』が11月11日(金)より新宿シネマカリテ、渋谷シネクイントほか全国ロードショー。本作にはランディ・ローズとオジー・オズボーンのふたりの深い友情を示すエピソードや発言が登場。映画本編より抜粋して紹介する。

「俺たち家族は日々ランディのことを考えている。いつも俺の心の中にいるよ」

80年代、端正なルックスと華麗なるギタープレイで世界を魅了した天才ギタリスト、ランディ・ローズ。しかし自身のバンド、クワイエット・ライオットでのプロデビューは日本のみ、全米デビューは果たせなかった。その後、オジー・オズボーン・バンドへの抜擢により、転機が訪れる。“闇の帝王”オジーと“天使”のランディ、相反する個性のぶつかり合いは、極上の化学反応を巻き起こす。刺激的でキャッチーなギターリフは時にオジーのヴォーカル以上に耳に記憶され、哀愁を帯びたギターソロは、無駄な音は一音も無い完璧なフレージングで、聴く者の心を鷲掴みにし、一気にギターヒーローとなった。しかし、人気絶頂期の全米ツアー中に起きた、突然の悲劇…。本作は、一人のギター少年がロックスターへと昇華する瞬間、そして悲劇的な最期までを克明に捉えた、全音楽ファン必見のドキュメンタリーだ。

アメリカの伝説的HIP HOPグループN.W.Aの真実を暴くドキュメンタリー『N.W.A & EAZY-E:キングス・オブ・コンプトン』などを手掛けたアンドレ・レリスが監督を務め、脚本と編集をマイケル・ブルーイニング、ナレーションをL.A.ガンズのトレイシー・ガンズが担当し、クワイエット・ライオット時代の貴重ライブ映像や肉声インタビュー、プライベートショットをフィーチャー。更に、オジー・オズボーンや、同時代にデビューし、共にギターヒーローへと昇華したエディ・ヴァン・ヘイレン、ランディを敬愛するミュージシャンやギター・テック、ランディの母や兄弟などの貴重なインタビューも多数収録している。

ランディ・ローズとオジー・オズボーン、二人の出会いはオジー・オズボーン・バンドのオーディションにランディ・ローズが参加したことがきっかけだった。オジーが新しいバンドのオーディションをLAで行っていた際に、オジーの友人スローターのベーシスト、デイナ・ストラムが「絶対に演奏を聴くべきだ」とオジーにランディを勧めたことや、母ドロレスからの勧めなどもあり、ランディがオジーの待つスタジオを訪ねたのがはじまり。「オーディションは初めてで不安だった」とランディは当時の心境を語っているが、他の参加者たちが、マーシャルやエコープレックスを持参する中、ランディはエフェクターも無しに、持参した練習用の小さなアンプに直接プラグインし、アルペジオなど指慣らしの練習を始めるや否や、曲を聴く前にオジーは「君に決まりだ!」と合格を告げたという。

その時の衝撃をオジーは「演奏を聴いて夢を見てるかと思ったよ。体は小さいのにデカい音を出す」と振り返っている。その後は、オジー・オズボーン・バンドのギタリストとしてツアーに参加、世界各国を飛び回り、大成功を収めていく。しかし謙虚な性格のランディは偉ぶることもなく、対照的な性格のオジーに対しても「オジーは謙虚だ。彼の予想はいつも当たるし、いろいろ教えてくれる。レコード会社やファンの事をね」と話し、信頼を寄せていた。

しかし1982年3月19日、ノックスビルのコロシアムでのライブ後に次のライブ会場へと向かう途中で、バンドの乗っていたツアーバスが故障。バス運転手のエイコックの自宅近くにバスを停車させ、庭にあった小型飛行機で遊覧飛行を行うことになったが、飛行機の左翼がバスに当たり、庭の木に衝突したのちガレージに突っ込み機体は炎上。飛行機に乗っていたランディとメイク担当の女性、操縦士の3名は即死した。

オジーの目の前で起きたこの悲惨な事故はオジーの心に深い傷を残し、「人生は一瞬で急転してしまう。高速道路を走るバスの中で就寝。目覚めたら外、家は火事。飛行機はバラバラ、人は混乱。なんとおぞましい。現実とは思えない。何が起きているのか理解できない。時間が止まったようで恐怖を覚えた。外に出るともっと危ないかもしれない。戦場にいるようだ」と、その時の心境を振り返っている。

非業の死を遂げ、永遠のギターヒーローとして多くのファンの胸に刻まれたランディの名前が、ロックウォークに追加される際の式典でオジーは「ランディとの日々は大昔のようで、つい昨日のことのようにも思える。だがランディとの思い出は死ぬまで忘れない。体は小さいが、無限大の才能の持ち主だった。俺たち家族は日々ランディのことを考えている。いつも俺の心の中にいるよ。神のご加護を」と、親愛なるランディへの哀悼の意をスピーチしている。

ランディの没後40年を迎えた今年、本作では劇場でランディの素晴らしい演奏を目撃できる貴重な機会となる。日本のファンに向けた、ランディ直筆メッセージ(印刷)入りポストカードが特典に付いた前売券が本日9月9日(金)より発売開始。

作品情報

ランディ・ローズ
2022年11月11日(金)より、新宿シネマカリテ、渋谷シネクイントほか全国ロードショー

ランディ・ローズ、オジー・オズボーン、エディ・ヴァン・ヘイレン、ルディ・サーゾ、フランキー・バネリ、ジョージ・リンチ、ゲイリー・ムーア、ダグ・アルドリッチ、ジョエル・ホークストラ、ブルース・キューリック、ドゥイージル・ザッパ/ナレーション:トレイシー・ガンズ 
監督:アンドレ・レリス 脚本・編集:マイケル・ブルーイニン

2022年/アメリカ/英語/カラー/シネスコ/5.1c/92分/原題:RANDY RHOADS:Reflections of A Guitar Icon/字幕監修:上田慎也(ヤング・ギター) 提供:ニューセレクト 配給:アルバトロス・フィルム

©RANDY RHOADS: LEGEND, LLC 2022

公式サイト https://randy-rhoads.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事