世界中の子どもたちに愛され、原作本出版から77年目を迎えた、「きかんしゃトーマス」シリーズ劇場版最新作『映画 きかんしゃトーマス めざせ!夢のチャンピオンカップ』 が2023年春に公開することが決定し、新声優・ティザービジュアル・30秒特報映像が解禁された。

映画ティザービジュアル
田中美海、大久保瑠美ら歌唱力のある声優たちが集結

イギリスで生まれて77年、きかんしゃトーマスが12年ぶりにフルリニューアル。このたび解禁された特報は、フルリニューアル後のキャラクターが、これまでにない動きや新ボイスを初披露するもの。

劇場作は、ソドー島が舞台のレースの話。トーマスがジェットコースターのように線路を360度回転する様子や、車輪を傾け歌う様子、キャラクターたちがぴょんぴょん飛び跳ね、煙でハイタッチするところなど、これまでになかった動きがふんだんに詰め込まれている。

トーマスの新しい姿や声だけでなく、「超特急ケンジ」に続いて新登場する日本のキャラクター、女の子電車の“カナ”の動く様子も初披露。

これから新シリーズが始まるまで、YOUTUBE の「きかんしゃトーマスチャンネル」でカウントダウンとして、ショートストーリー動画が公開予定となっている。

3世代に渡り「子どもたちの最初の友だち」の役割を担ってきたトーマスと仲間たちは、その長い歴史の中で常に進化してきた。人形を使ったモデルアニメーションとしてスタートしたトーマスの映像世界は、3DCGを経て、より世界観を広げるために今回12年ぶりにフルリニューアル。今冬、シリーズ25として TV 放送がスタートする。

1990年人形劇 ⇒ 2010 年3DCG ⇒ 2022年2D ルック

リアリティを追求してきたこれまでと変わって、アニメーションならではの表現を生かした、くるくる変わるコミカルな表情と、線路に縛られない大胆でアクロバティックな動きがみどころ。煙突の煙や放電の光を使った、きかんしゃならではのコミュニケーションも進化している。

トーマスたちのマイホーム「ティドマス機関庫」のメンバーも入れ替わる。これまでのトーマス、パーシー、ニアに、日本からきた新キャラクターのカナと、これまでいたずらキャラだったディーゼルが新たに加わって、5台精鋭のレギュラーメンバーとなる。

声優陣も一新、キャラクター全員が歌うためトーマス役に田中美海、パーシー役に越乃奏、カナ役に大久保瑠美、ニア役に古賀英里奈、ディーゼル役に山藤桃子といった、若手の中でも歌唱力のある声優たちが抜擢されている。

作品情報

映画 きかんしゃトーマス めざせ!夢のチャンピオンカップ
2023年春、全国ロードショー

原作:「汽車のえほん」ウィルバート・オードリー 監督:ジェイソン・グロー & キャンベル・ブライア
声の出演:トーマス/田中美海、パーシー/越乃 奏、カナ/大久保瑠美、ニア/古賀英里奈、ディーゼル/山藤桃子
提供:ソニー・クリエイティブプロダクツ 配給・宣伝:東京テアトル 配給協力:イオンエンターテイメント

© 2022 Gullane(Thomas)Limited.

公式サイト https://movie2023.thomasandfriends.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事