第93回アカデミー賞にて、アンソニー・ホプキンスが主演男優賞の史上最高齢受賞を果たし、脚色賞・主演男優賞の2部門での受賞を果たした映画『ファーザー』が5月14日(金)より公開。このたび歴史に残る名作『羊たちの沈黙』の“レクター博士”より恐ろしい、アンソニー・ホプキンスの大迫力の演技に目が釘付けになる本編映像が解禁された。

世界30カ国以上で上演された傑作舞台の映画化

『ファーザー』は、世界30カ国以上で上演された傑作舞台の映画化。誰にも訪れる人生の夕暮れと揺れる親子の絆を見つめた感動の物語。自身と同名で生年月日も同じ主人公の父親を、現在83歳の名優アンソニー・ホプキンスが演じ、『女王陛下のお気に入り』のオスカー女優オリヴィア・コールマンが、愛する父の変化に戸惑い悩む娘を繊細に演じる。

監督は原作舞台を手掛けたフロリアン・ゼレール。長編初監督にして、現実と幻想の境界が曖昧になっていく父の視点で描かれる、これまでになく画期的な表現を実現させた。

混乱するアンソニーは「男にチキンを渡しただろ」と声を荒げる

このたび解禁された本編映像は「夫だ」「誰の?」「お前だ、私じゃない」「ジェームズ?」「お前の夫だ」というアンソニー(アンソニー・ホプキンス)と誰かとのある会話から始まる。

「夫はいないわ」という女性の返事とともにカメラが切り替わると、そこにいたのは、娘アンではなく別の見知らぬ女性だった。

離婚して5年以上だと答える女性。だとしたらさっきチキンを持って行った男は誰なのか。混乱するアンソニーは「男にチキンを渡しただろ」と声を荒げ、男の姿を探しキッチンへ移動する。

追う謎の女性。「さっきいた男が消えた」と苛立ちを露わにするアンソニーに「誰が見えたの? チキンの男?」と笑みを浮かべながら話しかけると、アンソニーは「お前の夫だ、なぜ笑う?」と語気を荒げ厳しく迫る。そのあまりの迫力に「何でもない、悪かったわ」と謝る女性。

「たわごとで正気を失いそうだ」と憤慨し、その場を離れるアンソニー。女性は、どうしたらいいのか分からない、といった複雑な表情を見せるのだった。

事実と幻想がますます混濁していくアンソニー。この女性は娘アンではないのか? 娘に夫はいるのか? ジェームズとは? そしてアンソニーがたどり着いた、ある「真実」とはー?

『羊たちの沈黙』以来29年ぶりにアカデミー賞主演男優賞受賞を受賞したアンソニー・ホプキンスの、泣く子も黙る大迫力の演技の続きは劇場で確認しよう。

作品情報

ファーザー
5月14日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー

© NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINÉ-@ ORANGE STUDIO 2020
・・・・・・・・・・・・・・・

監督:フロリアン・ゼレール (長編監督一作目)
脚本:クリストファー・ハンプトン(『危険な関係』アカデミー賞脚色賞受賞)
フロリアン・ゼレール
原作:フロリアン・ゼレール(『Le Père』)
出演:アンソニー・ホプキンス(『羊たちの沈黙』アカデミー賞主演男優賞受賞)
   オリヴィア・コールマン(『女王陛下のお気に入り』アカデミー賞主演女優賞受賞)
   マーク・ゲイティス(「SHERLOCK/シャーロック」シリーズ)
   イモージェン・プーツ( 『グリーンルーム』)
   ルーファス・シーウェル( 『ジュディ 虹の彼方に』)
   オリヴィア・ウィリアムズ( 『シックス・センス』)

2020/イギリス・フランス/英語/97分/カラー/スコープ/5.1ch/原題:THE FATHER/字幕翻訳:松浦美奈
配給:ショウゲート

公式サイト:thefather.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事