ライトハウス』『ウィッチ』で知られる鬼才ロバート・エガース監督の『吸血鬼ノスフェラトゥ』リメイク版に『IT/イット』シリーズのビル・スカルスガルドと『サイレント・ナイト』のリリー=ローズ・デップが出演交渉中。米「Deadline」が伝えている。

ビル・スカルスガルドとリリー・ローズ・デップ
Gage Skidmore, CC BY-SA 3.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0, via Wikimedia Commons
Georges Biard, CC BY-SA 3.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0, via Wikimedia Commons
一時はアニャ・テイラー=ジョイとハリー・スタイルズの共演でプロジェクトが進んでいた

『吸血鬼ノスフェラトゥ』はブラム・ストーカーの怪奇小説『吸血鬼ドラキュラ』をベースにしたF・W・ムルナウ監督のホラーで、「バンパイア映画」の原点ともいわれる作品。リメイク版は以前からこの映画の熱狂的なファンだったというエガース監督の悲願の企画だ。

一時はアニャ・テイラー=ジョイとハリー・スタイルズの共演でプロジェクトが進んでいたが、企画の一時停止と共にキャスティングも白紙に。今回『ノースマン 導かれし復讐者』を終えたエガース監督が再び企画を始動させ、ビル・スカルスガルドとリリー=ローズ・デップが新たに主演・ヒロイン候補にのぼったという。

アニャ・テイラー=ジョイはかつて「(『吸血鬼ノスフェラトゥ』のような魅力的な企画に)NOと言うなんてできません」と出演について前向きに語っていたが、今やハリウッドで最も多忙な一人となった彼女にスケジュールを合わせるのは困難だったようだ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事