A24と俊英コゴナダ監督がタッグを組んだ『アフター・ヤン』(10月21日公開)のフィーチャリング・ソング「グライド」の登場シーン映像が解禁された。また音楽家・小林武史より本作の日本公開に向けた応援コメントが到着した。

小林武史「SF的でありながらシンプルな心地よさが溢れる映画です」

本作は、前作『コロンバス』が世界中で話題となった映像作家コゴナダが監督・脚本を務めた最新作。小津安二郎監督の信奉者としても知られるコゴナダ監督が、気鋭のスタジオ A24 とタッグを組み、派手な視覚効果やスペクタクルに一切頼らない、唯一無二の未来的な世界観を構築した。さらにオリジナル・テーマ曲を敬愛する坂本龍一に依頼し、音楽は Aska Matsumiya が美しいアレンジを手掛けた。本作ではフィーチャリング・ソングとして 2001 年 10 月 6 日岩井俊二監督作品『リリイ・シュシュのすべて』で多くの映画ファンの胸に刻まれた名曲「グライド」が Mitski 歌唱による新バージョンでスクリーンに帰ってくる。

21年前の本日10月6日に公開された岩井俊二監督作『リリイ・シュシュのすべて』の挿入歌で小林武史がプロデュースした「グライド」が本作のフィーチャリング・ソングとしてクレジットされていることを受けて、「グライド」登場シーンと AI ロボット・ヤンが「Lily Chou-Chou」のバンド T シャツを着用している本編映像&場面写真が解禁された。

「グライド」が登場するのは、ジェイク(コリン・ファレル)が故障して動かなくなってしまったAIロボット・ヤン(ジャスティン・H・ミン)の体内に“メモリバンク”という記憶装置が組み込まれていることを発見し、その映像を再生する場面。ジェイクら家族の誰もが知らなかったヤンの一面を覗き見る、ミステリアスなシーンだ。

映像内には、ちょうど 21 年前の2001年10月6日劇場公開の岩井俊二監督作品『リリイ・シュシュのすべて』に登場する架空のバンド「Lily Chou-Chou」のロゴがプリントされたTシャツを着用したヤンの姿と、物語の鍵を握る素性不明の若い女性(ヘイリー・ルー・リチャードソン)が映る。『アフター・ヤン』のフィーチャリング・ソング「グライド」が演奏されるライブ会場で、心地よく音楽に乗っている様子だ。この映像が示すヤンの記憶とは果たして…? また、ヤンの記憶を辿る映像が、小宇宙を旅しているような美しさで仕上がっているのも注目のひとつ。現代の科学技術が進歩した先にありそうな世界観は、近未来の設定の本作ならではの映像といえる。

コゴナダ監督は「あの曲を甦らせることが僕の夢だった」と『リリイ・シュシュのすべて』の挿入歌「グライド」を本作に使用することに対してコメント。続けて、「映画自体は、いじめに遭っていた 10 代の少年の物語を描いたものでした。少年は神秘的ともいえる歌手に癒しを見出し、彼女に夢中になります。それはともかく、あの歌がずっと僕の心の中にあったんです」とかねてより強く惹かれていたことを明かす。

さらに、『リリイ・シュシュのすべて』で「グライド」のプロデュースを担当した小林武史より、『アフター・ヤン』の日本公開に向けた応援コメントが到着。自分の手掛けた音楽が新しい作品の中で息づくことに対して、胸の内を綴っている。コメントは以下にて。

『アフター・ヤン』は10月21日(金)TOHOシネマズ シャンテほか ロードショー。

小林武史(音楽家)コメント

AI にまつわるストーリーの最後に、アレンジされた音も歌もオリジナルより生命力を強く感じさせる「グライド」が流れます。
SF 的でありながらシンプルな心地よさが溢れる映画です。僕的には、20 年以上前に作った曲と映画が与えてくれる未来のイメージ、つまり過去と未来はシンプルにもつながり得るというような、心地良さでもありました。

作品情報

アフター・ヤン
2022年10月21日(金)TOHOシネマズ シャンテほか ロードショー

STORY
“テクノ”と呼ばれる人型ロボットが、一般家庭にまで普及した未来世界。茶葉の販売店を営むジェイク、妻のカイラ、中国系の幼い養女ミカは、慎ましくも幸せな日々を送っていた。しかしロボットのヤンが突然の故障で動かなくなり、ヤンを本当の兄のように慕っていたミカはふさぎ込んでしまう。修理の手段を模索するジェイクは、ヤンの体内に一日ごとに数秒間の動画を撮影できる特殊なパーツが組み込まれていることを発見。そのメモリバンクに保存された映像には、ジェイクの家族に向けられたヤンの温かな眼差し、そしてヤンがめぐり合った素性不明の若い女性の姿が記録されていた……。

監督・脚本・編集:コゴナダ
原作:アレクサンダー・ワインスタイン「Saying Goodbye to Yang」(短編小説集「Children of the New World」所収)
撮影監督:ベンジャミン・ローブ 美術デザイン:アレクサンドラ・シャラー 衣装デザイン:アージュン・バーシン
音楽:Aska Matsumiya オリジナル・テーマ:坂本龍一 フィーチャリング・ソング:「グライド」Performed by Mitski, Written by 小林武史
出演:コリン・ファレル、ジョディ・ターナー=スミス、ジャスティン・H・ミン、マレア・エマ・チャンドラウィジャヤ、ヘイリー・ルー・リチャードソン
2021年|アメリカ|英語|カラー|ビスタサイズ|5.1ch|96分|原題:After Yang|字幕翻訳:稲田嵯裕里|映倫:G一般
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ

© 2021 Future Autumn LLC. All rights reserved.

公式サイト https://www.after-yang.jp

作品情報

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事