パルコの視点でセレクトした音楽映画を特集上映する「PARCO音楽映画祭」が渋谷シネクイントにて11月3日(木・祝)より開催されることが決定した。

数ある音楽映画から、多ジャンルのスタッフが実際に作品を鑑賞し選定

昨年公開の『アメリカン・ユートピア』は、舞台・音楽・映像を融合した新しいエンタテインメントの形として受け入れられ、また同年夏公開の『サマー・オブ・ソウル』では、レジェンド達の演奏のみならず、詰めかけた観客のファッション、文化的な背景が話題を呼び、それぞれ音楽映画の枠を超え高く評価された。

両作品を上映したパルコの映画館は満員御礼・ロングランとなり、さらにはリバイバル上映にまで繋がり、結果、全国的に見ても高い動員・興行実績を記録した。

そこで企画されたのが本映画祭。「改めて昨年を振り返り、ファッション・音楽などカルチャーやエンタテインメント事業を展開するパルコの企業文化と、そこに賛同してくれるお客様がいるからこそ、音楽映画を通して音楽をはじめとした様々なカルチャーの素晴らしさを伝えられるのではないかという思いに至り、本映画祭を企画いたしました」としている。

数ある音楽映画から、多ジャンルのスタッフが実際に作品を鑑賞し選定。圧巻のパフォーマンス、今見ても色あせないファッションや当時の文化的な背景から生み出される熱気まで、刺激や感動が詰まった10作品が上映される。

『ワッツタックス スタックス・コンサート』
© 1973 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

画面を通して感じるとてつもない熱気とパフォーマンスから、当時のファッション含めたブラックカルチャーまで、1972年にロサンゼルス・メモリアル・コロシアムで開催された伝説の屋外フェスを捉えた「ワッツタックス スタックス・コンサート」、1969年に発表された史上初のロック・オペラ・アルバム『トミー』を映像化した、豪華キャストと斬新すぎる構成で今でもカルト的な人気でファンに支持され続けている「トミー」、1972年「ソウルの女王」アレサ・フランクリンが教会で開催したゴスペルライブを収録した作品で、観客もアーティストも我を忘れ音楽に没頭する映像は圧巻!初鑑賞したスタッフが上映を熱望した「アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン」、キューバの伝説的ミュージシャンたちにスポットを当てた音楽ドキュメンタリーで、葉巻を吸いながら音楽を語る90歳のかっこよすぎる奏者や情緒豊かなハバナの街並みが必見の「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」など、音楽やアーティストの魅力だけにとどまらず、その時代のファッションや文化、パフォーマンスのパワーや熱量が堪能できる作品となっている。

『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』
© Wim Wenders Stiftung 2014

また、配信でもなかなか観ることが出来ない貴重な作品から、爆音上映で知られるboidの音響調整チームがシネクイントの機材を最大限に活かし、耳ではなく身体全体で音を聴き、感じることを目指し調整した「boidsound」で上映する作品も多数ラインナップされている。

開催情報

PARCO音楽映画祭

■上映日程: 2022年11月3日(木・祝)~2022年11月10日(木)
■鑑賞料金:1900円均一 ※一部対象外の作品もございます。
■会場:渋谷 シネクイント CINE QUINTO 東京都渋谷区宇田川町 20-11 渋谷三葉ビル 7F
■主催:株式会社パルコ エンタテインメント事業部 映画事業

※新型コロナウィルスの感染拡大状況により、急遽上映が中止、作品が一部変更となる可能性がございます。
チケット発売日などの詳細は確定次第、劇場HPにてご案内いたします。

公式サイト https://www.cinequinto.com/shibuya/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事