『グレイテスト・ショーマン』スタッフが贈る、奇跡の歌声をもって生まれたワニのミュージカル映画『LYLE, LYLE, CROCODILE(原題)』が邦題を『シング・フォー・ミー、ライル』として、2023年3月24日(金)に全国の映画館で公開されることが決定した。あわせて特報映像が解禁された。

世界的シンガーのショーン・メンデスが唯一無二の歌声を響かせる

本作は『グレイテスト・ショーマン』、『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフが、バーナード・ウェーバーによる世界的ベストセラー絵本「ワニのライル」シリーズをミュージカル映画化した作品。

ニューヨーク。何をやっても上手くいかず、ショービジネス界から追放寸前のショーマンのヘクターは、自分の人生を変えてくれる、驚きに満ちた、まるで魔法のような「何か」を探していた。ヘクターが路地に佇むある古びたペットショップに足を踏み入れると、店の奥からほのかに歌声が聴こえてくる。人の声とも違う、何とも不思議で、魅惑的な歌声。その声をたどって引き寄せられるように店の奥へと進み、山積みされたケージをかき分けると、歌っていたのはなんと、「一匹の子ワニ」だった――。

このたび解禁された特報のラストには、「この歌声が、やがて一人の少年を救う」という言葉が添えられ、奇跡の歌声をもって生まれた「一匹のワニ」と、まだ見ぬ少年との間に待ち受ける壮大なドラマを予感させ、胸が高鳴る映像となっている。

本作で、ショーマンのヘクターを演じるのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017)など数々の世界的大ヒット作品に出演し、『ノーカントリー』(2007)でアカデミー賞®助演男優賞を受賞した名優ハビエル・バルデム。

さらに奇跡の歌声をもつワニのライルの声を、アルバム「Shawn Mendes」が80ヵ国の国と地域でiTunes 1位を獲得、全米アルバム・チャート(Billboard 200)でも1位を獲得し、さらに第61回と第62回の2年連続グラミー賞にノミネートを誇る世界的シンガーのショーン・メンデスが務め、本作で唯一無二の歌声を響かせる。

作品情報

シング・フォー・ミー、ライル
2023年3月24日(金)全国の映画館で公開

・原題: LYLE, LYLE, CROCODILE
・監督:ウィル・スペック & ジョシュ・ゴードン
・脚本:ウィル・デイヴィス
・音楽:ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール(『グレイテスト・ショーマン』『ラ・ラ・ランド』)
・原作:バーナード・ウェーバー 「ワニのライル」シリーズ
・声の出演:ショーン・メンデス(ライル役)
・出演:ハビエル・バルデム(『ノーカントリー』アカデミー賞®助演男優賞受賞、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』)、コンスタンス・ウー(『クレイジー・リッチ!』)、ウィンズロウ・フェグリー(『名探偵ティミー』)、スクート・マクネイリー(『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、「ナルコス:メキシコ編」シリーズ)、ブレット・ゲルマン(「ストレンジャー・シングス」シリーズ)

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

公式サイト https://www.Sing-for-me-Lyle.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事