フランス映画史上に燦然と輝くスター、ジェラール・フィリップの生誕100周年を記念した映画祭「ジェラール・フィリップ生誕100年映画祭」が11月25日(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開。このたび、映画祭の予告編、新作ドキュメンタリーと4Kや2Kなど新素材で上映となる作品、 計10作品のweb限定オリジナルキーアートが解禁となった。

『肉体の悪魔 HD デジタル・リマスター版』
©Transcontinental Films
「なぜ彼は<特別>だったのか」

1922 年にフランス・カンヌで生まれ、1959年に36歳でこの世を去った、フランス映画史に燦然と輝く名優、ジェラール・フィリップ。『肉体の悪魔』(1947)などに出演し、25歳で瞬く間にスターに。フランス国立民衆劇場の舞台俳優としても看板的存在でもあったが、映画『花咲ける騎士道』(1952)で世界中にその名を知らしめ、一躍スターダムを駆け上がった。正統派美男スターとして、スタンダール原作の文芸大作『赤と黒』(1954)や、画家モディリアーニを演じた『モンパルナスの灯』(1958)など数多くの名作に出演した。

クロード・オータン=ララ、ルネ・ クレマン、ルネ・クレール、イヴ・アレグレ、マルセル・カルネ、ルイス・ブニュエルら数々の名監督に愛され、幅広い役柄に挑戦。陰鬱とした繊細な役から、陽気なプレイボーイやドンファンを演じ、故淀川長治氏は「映画史上最高のアイドル」として称えるなど、世界中で愛されてきた。「ジェラール・フィリップ生誕100年映画祭」では彼の最新ドキュメンタリーと多彩な役柄を演じてきた傑作群がデジタル・リマスター版で集結する。

今回解禁された予告編は「待てなかった? 僕と出会うのを」という、名作『肉体の悪魔』から引用された初々しいジェラール・フィリップによるセリフのシーンから始まり、「なぜ彼は<特別>だったのか。フランス映画史上最も愛された夭折のスター」という文字が躍る。「戦後引き裂かれたフランスに突如現れた 映画史上最も美しい俳優」とテロップは続き、数々の名作で多様な表情を見せたジェラール・フィリップが次々と登場。

戦後の暗い時代、それは大衆のロマンと夢を、映画が一身に受けとめていた“映画の黄金時代”でもあった。ジェラール・フィリップが演じた役柄が共感や憧れを呼び、当時、あらゆる世代・あらゆる階級の国民のハートを鷲掴みにしたその衝撃の大きさを想像させられる。同時に、今なお輝き続けるそのエレガンスに惹き込まれる内容となっている。

美しくリマスターされた11作品の抜粋映像では、軽快なコメディからロマンティックな恋愛ドラマ、深刻な人間ドラマと、明るさと暗さを繊細に演じ分け、表現できるジェラール・フィリップの、俳優としての才能を垣間見ることができる。ミシュリーヌ・プレールやダニエル・ダリュー、アヌーク・エーメやジャンヌ・モローら、錚々たる名優との競演も必見だ。

新作ドキュメンタリー『ジェラール・フィリップ 最後の冬』からは「舞台が終わったら映画を撮ります」と、活き活きと語るジェラール・フィリップ本人の貴重な映像の一部も登場。ラストには「喜劇 悲劇俳優の汚れなき手本」(ジャン・コクトー)と、「彼は勇敢で、心を持っていた。そして、笑うのが好きだった。」(アニエス・ヴァルダ)というジェラール・フィリップを称えるコメントが現れ、プライベートを過ごすジェラール・フィリップのリラックスした笑顔が映し出される。

『ジェラール・フィリップ 最後の冬』
© Temps noir 2022

音楽は『肉体の悪魔』、『危険な関係』(1959)のサウンドトラックが使用され、ジェラール・フィリップが聴きながら亡くなったという、同じく36歳で亡くなったモーツァルトの交響曲「ジュピター」で締めくくられている。改めて、稀有な才能の早世が惜しまれると共に、生誕100年を記念した、ジェラール・フィリップ最後の映画祭に相応しい予告編に仕上がっている。

今回のラインナップから新作「ジェラール・フィリップ 最後の冬」と、新素材では日本初公開となる作品、 計10作品のweb限定オリジナルキーアートも到着。作品は以下の通り。

『肉体の悪魔 HD デジタル・リマスター版』  ★リマスター版 日本初公開
『パルムの僧院 2Kデジタル・リマスター版』 ★2K 日本初公開
『美しき小さな浜辺 2Kデジタル・リマスター版』 ★2K 日本初公開
『ジュリエット あるいは夢の鍵/愛人ジュリエット 4Kデジタル・リマスター版』 ★4K 日本初公開
『花咲ける騎士道 4Kデジタル・リマスター版』 ★4K 日本初公開
『狂熱の孤独 2Kデジタル・リマスター版』 ★2K 日本初公開
『しのび逢い ムッシュ・リポアの恋愛修業 HDデジタル・リマスター版』  ★リマスター版 日本初公開
『赤と黒 2Kデジタル・リマスター版』  ★2K 日本初公開 
『夜の騎士道 4Kデジタル・リマスター版』 ★4K日本初公開
『ジェラール・フィリップ 最後の冬』 ★日本初公開

※『モンパルナスの灯 HDデジタル・リマスター版』 『危険な関係 4Kデジタル・リマスター版』は除く

現在「ジェラール・フィリップ 生誕100年映画祭」は、豪華特典付き特別鑑賞券を絶賛販売中。劇場窓口とメイジャー(https://www.major-j.com/cinema_information.php?id=M20221007007)で発売中だ。

開催情報

ジェラール・フィリップ生誕100年映画祭
2022年11月25日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

配給:セテラ・インターナショナル

公式サイト https://www.cetera.co.jp/gerardphilipe

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事