伝説的デビュー作『子猫をお願い』のチョン・ジェウン監督、待望の最新ドキュメンタリー映画『猫たちのアパートメント』(12月23日公開)の予告編とポスタービジュアルが完成した。

「〈猫〉は私たちの社会の変化を示す物差しです」

ソウル市内・江東区のかつてアジア最大と呼ばれたマンモス団地。老朽化で再開発が迫るその団地には250匹の猫たちが住んでいた。猫たちは一体どうなってしまうのか? 本作は猫たちと住民たちによるお引越し作戦を四季を通じて2年半にわたって捉えた温かなドキュメンタリー。監督を務めるのは、20代の女性5人の友情、夢や恋、挫折、拾った子猫との関係をみずみずしく描き、韓国の女性監督や女性を主人公にした作品が注目を集めるきっかけになった、記念碑的傑作『子猫をお願い』(2001年)でデビューしたチョン・ジェウン。この最新ドキュメンタリーでは、巨大団地の解体を背景に、2年半に及ぶ撮影を通じ、個性豊かな猫たちの姿を地面スレスレに構えた猫目線のカメラで活き活きと描き出す。

このたび解禁された予告編は、自由気ままに団地を闊歩する猫たちの愛らしい姿を映し出すところから始まる。

団地の老朽化によって再開発が迫り、団地に暮らしていた250匹以上の猫たちのお引越し大作戦がスタート。団地に住むイラストレーターや作家、写真家などの女性たちが中心となって「遁村団地猫の幸せ移住計画クラブ」(略称トゥンチョン猫の会)が立ち上がる。

団地の解体が始まれば、猫たちは下敷きになる可能性もある。里親の元に行く猫もいれば、新しいすみかに引っ越す猫もいる。「猫って幸せなのかな」「猫たちは大切なご近所さんだと思う」とそれぞれの思いが語られていく。映像の最後はチョン・ジェウン監督の「〈猫〉は私たちの社会の変化を示す物差しです。だからこそ、ますます興味が湧いてくるんです」というメッセージで締めくくられている。

あわせて解禁されたポスターも、主人公的な黒猫カミを中心に、団地に暮らす個性豊かな猫たちの、時には愛くるしく、時には寂しげな表情が印象に残る仕上がりとなった。

『猫たちのアパートメント』は12月23日(金)ユーロスペース、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開。

作品情報

猫たちのアパートメント
2022年12月23日(金)ユーロスペース、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

【監督】チョン・ジェウン『子猫をお願い』『蝶の眠り』
【音楽】チャン・ヨンギュ『哭声/コクソン』 【出演】キム・ポド、イ・インギュ
【提供】パンドラ/竹書房/キノ・キネマ/スリーピン 【配給】パンドラ

2022 年/韓国/88 分/DCP/ドキュメンタリー/英題:CATS’APARTMENT

©2020 MOT FILMS All rights reserved.

公式サイト http://www.pan-dora.co.jp/catsapartment/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事