60年代のイタリア映画界を席巻したフランス人女優カトリーヌ・スパークの特集上映「SPAAK! SPAAK! SPAAK! カトリーヌ・スパーク レトロスペクティブ」が5月21日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて開催。いよいよ今週末からの開催が迫った本特集に、著名人からのコメントと、描き下ろしイラストが到着した。

『狂ったバカンス』『女性上位時代』など 4作品がラインナップ

名脚本家シャルル・スパークを父に持つ生粋のパリジェンヌでありながら、60 年代イタリア映画で人気を博した女優カトリーヌ・スパーク。ジャック・ベッケル監督の遺作となった脱走映画『穴』(60)で唯一の女性キャストとして端役ながら映画初出演、その後、父親の反対を乗り越え、1960 年にアルベルト・ラトゥアーダ監督のイタリア映画『十七歳よさようなら』で主演デビューを果たした。

本特集上映では、少女に狂わされる中年男を描いたイタリアン・バカンス映画の異端作『狂ったバカンス』(62)、恋に奔走する若者たちを描いたバカンス青春映画の金字塔『太陽の下の18才』(62)、モラヴィアの「倦怠」を下敷きにした不条理な愛の物語『禁じられた抱擁』(63)、性の世界を探求する若き未亡人のフェティッシュ・コメディ『女性上位時代』(68)の 4 作がラインナップされている。

「ちょっと藤子不二雄Ⓐ的なコワサがあるように感じて」

このたび到着したのは、マンガ家の渋谷直角、イラストレーターの白根ゆたんぽ、漫画家・コラムニストの辛酸なめ子による描き下ろしイラスト。

渋谷直角は「『狂ったバカンス』が一番好きです。ちょっと藤子不二雄Ⓐ的なコワサがあるように感じて」という感想とともに、『狂ったバカンス』でスパークが演じたフランチェスカのイラストを披露。

辛酸なめ子は「カトリーヌ・スパークの小悪魔演技」と題した各作品の魅惑的なシーンの数々を、白根ゆたんぽは『女性上位時代』の唯一無二の名シーンである“おうまさんごっこ”をイラストに仕上げている。

マンガ家の渋谷直角による描き下ろしイラスト
漫画家・コラムニストの辛酸なめ子による描き下ろしイラスト
イラストレーターの白根ゆたんぽによる描き下ろしイラスト
「キュートな小悪魔、カトリーヌ・スパークに骨抜き!」

そして、GLIM SPANKY の松尾レミ、俳優の小川あん、ミス iD 実行委員長の小林司から到着したコメントも解禁。松尾は『女性上位時代』について、「キュートな小悪魔、カトリーヌ・スパークに骨抜き!音楽も最高!コミカルでセクシーで、ある意味真面目(?)な登場人物たちが愛らしい。」、小川は「私たちは彼女の実在と存在に圧倒され、熱望し、懐抱する。そうして幾度となく惚れ直す。」、小林は「強く可愛くメンヘラに生きる令和の女の子の教科書。」とコメントを寄せている。

さらに、入場者プレゼントとして、白根ゆたんぽ描き下ろしイラストの”ポストカード”の配布が決定。全国の公開劇場にて数量限定で配布する。詳細は公式 SNS にて随時告知される。

コメント一覧(敬称略・順不同)

キュートな小悪魔、カトリーヌ・スパークに骨抜き!音楽も最高!
コミカルでセクシーで、ある意味真面目(?)な登場人物たちが愛らしい。
長い付け睫毛と60sファッションに身を包み、
こっそり映画のワンシーンに忍び込みたいワ。
GLIM SPANKY 松尾レミ
(※『女性上時代』について)

―――――――――――――――――――――――――

美貌なのは分かりきっている。
でいて、パリの女性像の中で最も親しみやすく
地に足のついた魅力がカトリーヌ・スパークなんだ。
私たちは彼女の実在と存在に圧倒され、熱望し、懐抱する。
そうして幾度となく惚れ直す。
小川あん(俳優)

―――――――――――――――――――――――――

清楚で大胆、ワイルドでアンニュイ、思わせぶりで何も考えてない。
学生時代、カトリーヌ・スパークの映画を観て
「来世は絶対女の子に生まれる」と誓いました。
強く可愛くメンヘラに生きる令和の女の子の教科書。
小林司(ミスiD実行委員長)

上映作品

『狂ったバカンス』

別居中のアントニオは、息子を迎えに行く途上で若者のグループに出会う。若さゆえのノリに苛立つアントニオだったが、一人の美少女フランチェスカが気になり、彼らのバカンスに巻き込まれていく……。夏の終わりのある一日、少女に惑わされる中年男を描くイタリアン・バカンス映画の異端作。

監督:ルチアーノ・サルチェ 音楽:エンニオ・モリコーネ 出演:カトリーヌ・スパーク、ウーゴ・トニャッツィ
1962 年/イタリア/モノクロ/スコープ/モノラル/109 分

© Licensed by COMPASS FILM SRL – Rome – Italy. All Rights reserved.

『太陽の下の 18 才』

ナポリ湾に浮かぶイスキア島で、ニコラは、名前が一字違いのフレンチガール・ニコルと運命的に出会う。ワガママで気が強い彼女だけど、その眩しい笑顔に次第に惹かれて……。愛すべき若者たちのバカンス模様を描いた開放感 100%のリゾート・ムービー!巨匠モリコーネによるツイストナンバーは日本でも大ヒット。

監督:カミロ・マストロチンクェ 音楽:エンニオ・モリコーネ 出演:カトリーヌ・スパーク、ジャンニ・ガルコ
1962 年/イタリア/カラー/ビスタ/モノラル/100 分

© Licensed by COMPASS FILM SRL – Rome – Italy. All Rights reserved.

『禁じられた抱擁』

裕福な家で育った画家のディノは、近所の老画家のモデルをしていたセシリアの美しい肉体と大胆さに魅了される。割り切った関係のはずだったが、彼女の裏切りが次第にディノの歯車を狂わせ……。アルベルト・モラヴィアのベストセラー小説「倦怠」を脚色した不条理な愛の物語。天真爛漫な笑顔から一転、妖艶さが増す。

監督:ダミアーノ・ダミアーニ 音楽:ルイス・エンリケス・バカロフ 出演:カトリーヌ・スパーク、ホルスト・ブッフ
ホルツ、ベティ・デイヴィス 1963 年/イタリア=フランス/モノクロ/ビスタ/モノラル/105 分
© 1963 Compagnia Cinematografica Champion - Les Films Concordia. All rights reserved.

『女性上位時代』

夫に先立たれたミミは、生前彼が所有していた秘密の部屋でセックステープを発見する。夫の変態性にショックを受けつつも興味が湧いたミミは、めくるめく性愛の世界への扉をあける……。トロヴァヨーリの音楽と“レトロ可愛い”ファッション&美術に彩られたフェティッシュ・コメディ!名優トランティニャンにも注目の一作。

監督:パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ 音楽:アルマンド・トロヴァヨーリ
出演:カトリーヌ・スパーク、ジャン=ルイ・トランティニャン
1968 年/イタリア/カラー/ビスタ/モノラル/94 分

© 1968 SNC (GROUPE M6)

開催概要

SPAAK! SPAAK! SPAAK! カトリーヌ・スパーク レトロスペクティブ
5月21日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

提供:キングレコード
配給:ザジフィルムズ

公式サイト
http://spaak2021.com/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事