一見すると普通の人に見えて、その正体は最強の“仕事人”だった! そんなストーリー設定からこれまで数々の名作映画が生まれてきたが、アカデミー賞俳優エイドリアン・ブロディ主演のハード・アクション『クリーン ある殺し屋の献身』(9月16日公開)もその系譜に連なる一本。この新作をはじめ、最強主人公の痛快な活躍を描く必見アクション映画を4本紹介。

清掃人と生きる凄腕の殺し屋“クリーナー”の戦いを描く
『クリーン ある殺し屋の献身』 9月16日(金)公開

過去を捨て、清掃人と生きる凄腕の殺し屋“クリーナー”の戦いを描くハード・アクション。殺し屋だった過去を持つ孤独なゴミ清掃員が、心を通わせた少女の危機を救うため、再び戦いに身を投じてゆく。大都会の裏側を舞台にした『レオン』や『タクシードライバー』を思わせる、エモーショナルなアクション・ドラマだ。主演は『戦場のピアニスト』でアカデミー主演男優賞を受賞したエイドリアン・ブロディ。監督は『キラー・ドッグ』に続いてエイドリアン・ブロディとチームを組むポール・ソレット。

深夜の街でゴミ回収車を走らせ、廃品や廃屋の修理を趣味にしている寡黙な男(エイドリアン・ブロディ)は「クリーン」と呼ばれていた。孤独な日々の中、クリーンは隣人のディアンダという少女と心を通わせていたが、ある時、ディアンダは麻薬ギャングたちに目をつけられ誘拐されてしまう。ディアンダを救い出すため、クリーンはアジトに乗り込みチンピラたちを半殺しにするが、その中にギャングのボスであるマイケルの息子がいた。復讐のため、マイケルは組織を総動員してクリーンを追う。警察もギャングに加担しており、もはや逃げ場はない。元・凄腕の殺し屋だったクリーンは、ディアンダを護るため再び銃をとり、たった1人で反撃を挑んでゆく……。

平凡で何者でもない存在(ノーバディ)の中年男の危険な過去
『Mr.ノーバディ』(2021)

『ハードコア』のイリヤ・ナイシュラー監督と『ジョン・ウィック』シリーズの脚本を手掛けたデレク・コルスタッドがタッグを組んだハードボイルド・アクション。 製作に最新監督作『ブレット・トレイン』が話題を呼んでいるデヴィッド・リーチも参加。『ベター・コール・ソウル』のボブ・オデンカークが主演を務め、平凡で何者でもない存在(ノーバディ)として妻子と暮らしているが、実は危険な過去を持っている中年男の活躍を描く。

主人公のハッチ(ボブ・オデンカーク)は、郊外にある自宅と職場の金型工場を路線バスで往復する、繰り返しの退屈な毎日を送っている。外見は地味で、目立った特徴もない。この世の理不尽なことはすべて全身で受け止め、決して歯向かうことはない。妻には距離を置かれ、息子からもリスペクトされることはない。世間から見れば、どこにでも居る、何者でもない男だ。ある日、バスの車内でチンピラと居合わせ「ジジイ」呼ばわりされたことで、ハッチは遂にブチ切れ大乱闘。しかし、この事件はその後ロシアンマフィアへとつながり、街頭での銃撃戦、カーチェイス、と派手にエスカレートしていくのだった…。

復讐のために封印した殺人術を一挙に解放する伝説の元殺し屋
『ジョン・ウィック』 (2014)

『スピード』『マトリックス』のキアヌ・リーブスが、マフィアに全てを奪われ、復讐のために封印した殺人術を一挙に解放する伝説の元殺し屋ジョン・ウィック役を熱演するノンストップ・アクション。全米No.1大ヒットスタートを切った本作はシリーズ化され(2023年にシリーズ第4弾が公開予定)、キアヌの新たなる看板シリーズに。監督は『マトリックス』でキアヌのスタントマンを務めていたアクション界の雄、チャド・スタエルスキ。

裏社会に語り継がれる一騎当千・伝説の殺し屋ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は愛する女性ヘレンと出会い、表の世界へと足を洗い平穏な日々を送っていた。しかしヘレンは病に倒れ帰らぬ人に。悲しみに暮れる彼のもとに、彼女が生前に用意してくれた子犬デイジーが届けられ、亡き妻の思いが託されたデイジーとの生活で心の平穏を取り戻しつつあったある日、不運にもデイジーがマフィアに殺されてしまう。怒りに震えたジョン・ウィックは、心の奥底に封じ込めた“殺し屋の魂”を解き放ち、復讐のために独り立ち上がる。

ホームセンターの従業員が悪を容赦なく叩き潰す「イコライザー」に
『イコライザー』(2014)

アカデミー賞®俳優デンゼル・ワシントンが、少女を守るため悪に立ち向かう“最強の仕事人”を演じるハードボイルド・アクション。昼間は善良な市民としてホームセンターで真面目に働く元凄腕CIA工作員が、弱者を苦しめる悪を容赦なく叩き潰す「イコライザー」として活躍する。2001年の『トレーニング デイ』でデンゼル・ワシントンにアカデミー賞をもたらした盟友アントワーン・フークアが監督を務める。

昼はホームセンターで真面目に働くマッコール(デンゼル・ワシントン)は元 CIA のトップエージェントであったが、現在は静かに暮らしている。ある夜、娼婦のテリー(クロエ・グレース・モレッツ)と出逢い、本に関する他愛のない会話を交わす内に、彼女がロシアンマフィアに酷い仕打ちを受けていることを知る。人生に夢さえ抱けず、傷つけられるテリーを助けるため、夜、マッコールはもう一つの「仕事」を遂行する-。それは人々を苦しめる悪人を葬り、どんなトラブルも完全抹消することだった。

作品情報

クリーン ある殺し屋の献身
2022年9月16日(金)より、全国ロードショー

STORY
名前も分からないその男は、《クリーン》と呼ばれていた。深夜の街でゴミ回収車を走らせ、廃品や廃屋の修理を趣味にしている寡黙な男。そんな孤独な日々の中、クリーンは隣人のディアンダという少女と心を通わせていた。だがある時、事件が起きてしまう。街を支配している麻薬ギャングたちがディアンダに目をつけ、手を出してきたのだ。ディアンダを救い出すため、クリーンはアジトに乗り込みチンピラたちを半殺しにしてしまう。だがその中に、ギャングのボスであるマイケルの息子がいた。復讐のため、マイケルは組織を総動員してクリーンを追う。警察もギャングに加担しており、もはや逃げ場はない。クリーンはディアンダを護るため再び銃をとり、たった1人で反撃を挑んでゆくが……。

出演:エイドリアン・ブロディ、グレン・フレシュラー、リッチー・メリット、チャンドラー・アリ・デュポン、ミケルティ・ウィリアムソン、ミシェル・ウィルソン、ジョン・ビアンコ、RZA
監督・製作・脚本:ポール・ソレット「キラー・ドッグ」/製作・脚本・音楽:エイドリアン・ブロディ/製作:ダニエル・ソリンジャー、エリオット・ブロディ/撮影:ゾーラン・ポポヴィック
2021年/アメリカ映画/英語/94分/シネマスコープ/原題:CLEAN/字幕:田崎幸子
提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

© 2018 A Clean Picture, LLC All Rights Reserved.

公式サイト clean-kenshin.com

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事