2023年4月14日に開業が予定されている「東急歌舞伎町タワー」内にオープンする「109シネマズプレミアム新宿」の全シアターの音響を、日本人で唯一アカデミー賞®作曲賞を受賞した世界的音楽家・坂本龍一が監修することが発表された。施設内のラウンジなどで使用する複数の楽曲も、坂本が書き下ろす。

「最上の音響を楽しめる劇場ができたと自負しています」

「109シネマズプレミアム新宿」は東京都新宿区歌舞伎町に2023年4月14日開業予定の「東急歌舞伎町タワー」9F・10Fにオープンする“109シネマズ”の新ブランド。全席プレミアムシートで、全シアターにハイスペックな映写・音響設備を備えている。また、35mmフィルムの上映が可能なシアターも用意。これは、坂本がディスカッションの中で提案したアイデアを実現させたものとなる。

坂本は今回のプロジェクトに参加した理由について「僕が信頼する音響システムを提供する会社を運営する友人からこのプロジェクトに声をかけられました。彼らと一緒なら本当にクヲリティーの高い音を提供する映画館にできるだろうと思い、監修者として参加することにしたのです。また、常に最高の音響作りを目指す彼らを指名した109シネマズさんの姿勢にも共感しました」と説明し、「最上の音響を楽しめる劇場ができたと自負しています」とコメントしている。コメント全文は記事下にて。

坂本龍一が監修するシアター音響は「SAION -SR EDITION-」として全シアターに導入される。最上の音体験が可能な109シネマズオリジナル規格のプレミアムサウンドシアター「SAION」の良さをそのままに、坂本監修の下で設計された、より極限までリアルな音を追求した音響システムだ。

「SAION」は、映画はもちろん、ライブや演劇・さらにはスポーツまで多彩な音表現を可能にしたプレミアムサウンドシアター。先進の音響テクノロジーで理想の音をチューニングし、各コンテンツの魅力を最大限に引き出すことができる。

「109シネマズプレミアム新宿」は2023年4月14日に開業予定。

坂本龍一 コメント

映画館やミラノ座・新宿への思い
 60年代後半、僕は新宿の高校に通っていたので入学した当初から大きな好奇心をもって新宿を隈なく徘徊しました。入学した4月には新宿中のJazz喫茶を訪ね歩いてお気に入りの店をいくつか決めて早速出入りし始める、制服制帽のまま。次に新宿中の映画館をチェックし、その上映傾向を調べる。人生であれほど映画をたくさん観たのもやはりこの高校生活の期間でした。
 新宿で学んだものは僕を根本的に変えたと思います。60年代末は音楽、演劇、映画、文学、学問など、あらゆるものが劇的に変革された時期であり、その中心が新宿だったのです。

このプロジェクトに参画した理由
 僕が信頼する音響システムを提供する会社を運営する友人からこのプロジェクトに声をかけられました。彼らと一緒なら本当にクヲリティーの高い音を提供する映画館にできるだろうと思い、監修者として参加することにしたのです。
 また、常に最高の音響作りを目指す彼らを指名した109シネマズさんの姿勢にも共感しました。音響システムはスクリーンの後ろにスピーカーを組んでいますが、高性能サウンドシステムと高度なチューニング技術により、スクリーンの存在を感じない、「曇りのない音」を目指し設計されています。スピーカーはもちろん、オーディオケーブルやアンプなど細部にこだわり、最上の音響を楽しめる劇場ができたと自負しています。

映画文化・フィルム映写機への思い
 109シネマズのみなさんと意見交換をした際に、「日本ではフィルムの上映ができる映画館がほとんどなくなっている、いまこそ、改めてフィルム上映のできる映画館をつくってほしい」と提案したことを真剣に受け止めていただき、チームのみなさんはすぐに35mm映写機を調達してくれました。
 フィルム映画の文化を継承するためにフィルム上映も可能なシアターがここに用意されています。本物の映画愛にあふれた方々が作り上げた劇場です。

坂本龍一 Ryuichi Sakamoto プロフィール

 1952年、東京都生まれ。1978年『千のナイフ』でソロデビュー。同年『YMO』を結成。散開後も多方面で活躍。映画『戦場のメリークリスマス』で英国アカデミー賞を、映画『ラストエンペラー』の音楽ではアカデミーオリジナル音楽作曲賞、グラミー賞、他を受賞。常に革新的なサウンドを追求する姿勢は世界的評価を得ている。環境や平和問題への言及も多く、森林保全団体「more trees」の創設、「東北ユースオーケストラ」を立ち上げるなど音楽を通じた東北地方太平洋沖地震被災者支援活動も行っている。
 主な映画音楽の作品に、『シェルタリング・スカイ』(1990)、『ハイヒール』(1990)、『リトル・ブッダ』(1993)、 『ファム・ファタール』(2002)、『トニー滝谷』(2005)、『一命』(2011)、『レヴェナント:蘇えりし者』(2015)、『怒り』(2016)、『天命の城』(2017)、『あなたの顔』(2018)、『MINAMATAーミナマター』(2020)などがある。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事