世界に衝撃と称賛をもたらした香港アクション映画の真髄を、名だたる香港映画人たちのインタビューや貴重なメイキングなどを通して描く『カンフースタントマン 龍虎武師』(2023年1月6日公開)の日本版ポスターが完成した。

谷垣健治監督「自分にとってのアクションの原風景がここにある」

1970年代~90年代にかけて、アクション映画を数多く生み出し、世界に大きな影響を与えた香港映画。ブルース・リー、ジャッキー・チェン、ジェット・リー、ドニー・イェンといった世界に知られるアクションスターや、『マトリックス』シリーズでアクション指導を担当したユエン・ウーピン、ハリウッドのTVシリーズにも主演し、俳優だけでなく製作者として香港映画界に多大な影響を与えたサモ・ハンといった映画人たちを支えたのは、危険なシーンにも命を顧みず、けっして「NO!」と言わずに華麗かつ危険なアクションの代役を務めたスタントマンたちの存在があったからだ。

本作では、香港映画の歴史の一つである武師(スタントマン)たちの真の姿を、サモ・ハン、ブルース・リャン、ユエン・ウーピン、ドニー・イェン、ツイ・ハーク、エリック・ツァン、アンドリュー・ラウほか、名だたる香港映画人たちや実際に活躍した武師たちの証言、そして映画のシーンを交えて描く。

今回解禁された日本版ポスターでは、『サイクロンZ』でのあるアクションシーンのスタントダブルのカットをメインにして、サモ・ハン、ドニー・イェン、そして色々なアクション映画の凄まじいスタントだったワンシーンを切り取った、まさに日本独自のポスターに仕上がっている。

今回の日本公開にあたって、日本のアクション監督の第一人者でドニー・イェンの右腕でもあり、日本人唯一の香港スタントマン協会の会員でもある『るろうに剣心』シリーズのアクション監督を務めている谷垣健治監督が字幕の監修を担当。本作を観た谷垣は「自分にとってのアクションの原風景がここにある」とコメントを出したほど、アクション映画ファンにとっては注目の作品になっている。

また、国内外で活躍する日本人のアクション監督や殺陣師・スタントコーディネーターたちが発起人となり立ち上げた、アクション製作に関わる全てのクリエイターの為の団体であるジャパン・アクション・ギルドから特別協力を得ている。

『カンフースタントマン 龍虎武師』は2023年1月6日(金)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

作品情報

カンフースタントマン 龍虎武師
2023年1月6日(金)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

監督:ウェイ・ジュンツー
出演:サモ・ハン、ユエン・ウーピン、ドニー・イェン、ユン・ワー、チン・カーロッ、ブルース・リャン、マース、ツイ・ハーク、アンドリュー・ラウ、エリック・ツァン、トン・ワイ、ウー・スーユエン
※アーカイブ出演:ブルース・リー、ジャッキー・チェン、ジェット・リー、ラウ・カーリョン、ラム・チェンイン
※参考映画:『ドラゴン危機一発』 『ドラゴン怒りの鉄拳』 『ドラゴンへの道』 『Mr.Boo!ミスター・ブー』『少林寺怒りの鉄拳』『スネーキーモンキー蛇拳』『ドランクモンキー酔拳』『ドラゴンロード』 『プロジェクトA』 『ポリス・ストーリー/香港国際警察』 『ファースト・ミッション』 『五福星』『大福星』 『冒険活劇/上海エクスプレス』 『イースタン・コンドル』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝 アイアンモンキー』『導火線FLASH POINT』 ほか

2021年/香港・中国/広東語・北京語/92分/ビスタ/5.1ch/原題:龍虎武師/英題:Kung Fu Stuntmen
日本語字幕:城 誠子/字幕監修:谷垣健治/特別協力:ジャパン・アクション・ギルド/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

©ACME Image (Beijing) Film Cultural Co., Ltd

公式サイト kungfu-stuntman.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事