香港映画界で活躍するスタントマンたちの真の姿を、サモ・ハン、ユエン・ウーピン、ドニー・イェン、ツイ・ハークほか、名だたる香港映画人たちの証言や映画のシーンを交えて描く『カンフースタントマン 龍虎武師』が2023年1月6日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開されることが決定した。

『るろうに剣心』シリーズの谷垣健治監督が字幕の監修を担当

1970年代~90年代にかけて、アクション映画を数多く生み出し、世界に大きな影響を与えた香港映画。ブルース・リー、ジャッキー・チェン、ジェット・リー、ドニー・イェンといった世界に知られるアクションスターを生み出したが、彼らがスターでありえたのは、映画の中で、彼らの攻撃を受けて派手に吹っ飛び、時には彼らの華麗かつ危険なアクションの代役を務めたスタントマンたちの存在があったからだ。

本作では、知られざる香港映画界のスタントやアクションの歴史や裏話が語られ、どんな危険な撮影でも「決してNOと言わない」スピリッツで挑んできたスタントマンたちの功績をたたえる。また、いま目の前にある香港映画界の現状も描き、世界最高峰のアクションを生み出すことができた香港映画の光と影に迫った実録ドラマでもある。

サモ・ハン、ドニー・イェン、ブルース・リャンといったアクションスターや、ユエン・ウーピン、スタンリー・トン、チン・シウトン、トン・ワイ、チン・カーロッといった大物映画製作者たちが集結し、貴重なメイキングなど膨大なアーカイブ映像で贈る、香港アクション映画の歴史を網羅した作品となっている。

なお、今回の公開にあたっては、日本のアクション監督の第一人者でドニー・イェンの右腕でもあり、日本人唯一の香港スタントマン協会の会員でもある『るろうに剣心』シリーズの谷垣健治監督が字幕の監修を担当している。

作品情報

カンフースタントマン 龍虎武師
2023年1月6日(金)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

監督:ウェイ・ジュンツー
出演:サモ・ハン、ユエン・ウーピン、ドニー・イェン、ユン・ワー、チン・カーロッ、ブルース・リャン、マース、ツイ・ハーク、アンドリュー・ラウ、エリック・ツァン、トン・ワイ、ウー・スーユエン
※アーカイブ出演:ブルース・リー、ジャッキー・チェン、ジェット・リー、ラウ・カーリョン、ラム・チェンイン
※参考映画:『ドラゴン危機一発』 『ドラゴン怒りの鉄拳』 『ドラゴンへの道』 『Mr.Boo!ミスター・ブー』『少林寺怒りの鉄拳』『スネーキーモンキー蛇拳』『ドランクモンキー酔拳』『ドラゴンロード』 『プロジェクトA』 『ポリス・ストーリー/香港国際警察』 『ファースト・ミッション』 『五福星』『大福星』 『冒険活劇/上海エクスプレス』 『イースタン・コンドル』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝 アイアンモンキー』『導火線FLASH POINT』 ほか

2021年/香港・中国/広東語・北京語/92分/ビスタ/5.1ch/原題:龍虎武師/英題:Kung Fu Stuntmen
日本語字幕:城 誠子/字幕監修:谷垣健治/特別協力:ジャパン・アクション・ギルド/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

©ACME Image (Beijing) Film Cultural Co., Ltd

公式サイト kungfu-stuntman.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事