ブラジルの新鋭イウリ・ジェルバーゼのデビュー長編監督作品『ピンク・クラウド』(2023年1月27日公開)のポスタービジュアルならびに予告編が解禁となった。

ピンク色の雲が形を変えながらまるで鏡のように見つめる者の心を照らし返す

本作は突如現れた謎のピンクの雲によって部屋の中に閉じ込められ、“ロックダウン”生活を余儀なくされた人々を描くディストピア・ムービー。2017年に脚本が書かれ、2019年に撮影されたが、当初はSFとして構想されていたにもかかわらず、 世界的なパンデミックで一変した現実と重なるという、思いもよらぬ形で世界の脚光を浴びた。

予告編では、Caio Amon feat. Rowena Jameson によるオリジナル楽曲「La Vita (Life is Just Life)」に乗せ、すぐ終わるかのように思えた災難から、一歩も外に出られない望まぬ非日常が何日、何ヶ月、何年と続き、やがて世界が少しずつ狂ってゆく様を捉えている。

一夜の関係を共にしていたジョヴァナとヤーゴをけたたましい警報が襲う。突如として発生した正体不明のピンクの雲。それは10 秒間で人を死に至らしめる毒性の雲だった。緊急事態下、政府はロックダウンの措置をとり、家から一歩も出られなくなった人々の生活は一変する。友人の家から帰れなくなった妹、主治医と閉じ込められた年老いた父、自宅に一人きりの親友……オンラインで連絡をとりあううち、いつ終わるともしれない監禁生活のなかで、彼らの状況が少しずつ悪い方へ傾き始めていることを知るジョヴァナ。そして、見知らぬ他人であったジョヴァナとヤーゴも現実的な役割を果たすことを迫られる。

父親になることを望むヤーゴに反対するジョヴァナだったが、やがて男の子・リノを出産する。ロックダウン以前の生活を知らないリノは、部屋の中だけの狭い世界で何不自由なく暮らしており、父となったヤーゴも前向きに新しい生活に適応している。しかし、ピンクの雲が日常の景色となるにつれ、ジョヴァナの中で生じた歪みは次第に大きくなっていくのだった……。

その時、人間は何を欲し、何を選択するのか。自死を選ぶ者、家庭内の不和に苦しむ夫婦、同居人への殺意を持ちはじめる者、友人の父に孕まされる子供…。本作が決して他人事では無くなってしまった現代、ピンク色の雲が形を変えながらまるで鏡のように見つめる者の心を照らし返す。

『ピンク・クラウド』は2023年1月27日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

作品情報

ピンク・クラウド
2023年1月27日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

監督・脚本:イウリ・ジェルバーゼ
出演:ヘナタ・ジ・レリス、エドゥアルド・メンドンサ、カヤ・ホドリゲス、ジルレイ・ブラジウ・パエス、ヘレナ・ベケル

【2020年/ブラジル/ポルトガル語/103分/シネスコ/5.1ch/カラー/英題:THE PINK CLOUD/原題:A NUVEM ROSA/字幕翻訳:橋本裕充】<PG12>

配給・宣伝:サンリスフィルム

©︎ 2020 Prana Filmes

公式サイト https://senlisfilms.jp/pinkcloud/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事