映画史上唯一の養鶏サスペンス『殺しを呼ぶ卵』、その【最長版】がいよいよ今週末12月2日(金)より新宿シネマカリテにて日本初公開、以降、ほか全国順次公開される。このたび、ジーナ・ロロブリジーダの気高さと美貌が際立つシーンを集めた特別本編映像が解禁。

触れるだけで気持ちが落ち着く新触感スライム「癒やしを呼ぶ卵」なども販売

1968年に公開されて以降、50年以上にわたり知る人ぞ知る作品だった映画史上唯一の養鶏サスペンス『殺しを呼ぶ卵』。本作はその【最長版】。初公開時に世界配給された90分前後の【国際版】にはない残酷場面、異常場面を含む105分のバージョンとなる。物語の舞台はローマ郊外の巨大養鶏場。社長のマルコは業界の名士として知られていたが、経営の実権と財産を握る妻アンナに対する苛立ちは日々強くなる一方だった。マルコは同居するアンナの十代の姪、ガブリと愛人関係にあっただけでなく、妻への憎しみを女性へのサディズムで発散する異常性格者だった。そして3人それぞれの隠された欲望が暴かれる時、事態は予想もできない展開と想像を絶する畸形ニワトリを産んだ!

このたび解禁されたのは、主人公のマルコ(ジャン=ルイ・トランティニャン)の妻アンナ(ジーナ・ロロブリジーダ)が登場するシーンを集めた特別映像。

ジーナは、1928年、イタリアのスビアーコ生まれ。1947年のミス・イタリア・コンテストで3位に輝き、翌1948年マリオ・コスタ監督に見出されオペラ映画『愛の妙薬』でデビュー。1952年『花咲ける騎士道』への出演以降、イタリアの代表的女優として国際的に活躍した。キリッとしたアイメイクが印象的なジーナの姿からは、闘鶏のような強さがみなぎっており、気高さと芯の強さを感じる。

また、本作公開にあたり、一部の劇場でグッズとして「遺伝子操作済/品種大改良たまご」の販売が決定。半熟卵のようなとろみがあり、触れるだけで気持ちが落ち着く新触感スライム「癒やしを呼ぶ卵」、ドクロ印が入った卵ケースの中に2つの缶バッジが封入されており、何が出るかは、本物の卵同様、開けてみないと分からない「卵(らん)バッジ」。ひとたび食べれば卵の虜になること必至、おいしく危険な魅力に満ちたクッキー「たま卵クッキー」(中西怪奇菓子工房。制作)、黄身のごとく鮮やかな黄色と、卵と破滅が同居したモダン・デザインのTシャツ。その他、パンフレット、B2ポスターも販売される。

グッズ情報

■パンフレット 700円(税込)
映画史上唯一の養鶏サスペンスの日本史上最高に充実したパンフレット。
セルジオ石熊、滝本誠、真魚八重子(敬称略)による寄稿コラムも掲載。

■B2ポスター 800円(税込)
事故ポスター
人間が作り出した文明によって自滅する人間の象徴であり、あらゆる犠牲を細胞と養分として卵は育ち、またも破滅を呼ぶのかもしれないという示唆的シーンを使用した衝撃のデザイン。

卵ポスター
溢れ出る黄身が毒々しく、映画本編の異様さと黄身が溢れ出るデザイン。割れた卵からのぞく戦慄の表情、エヴァ・オーリン演じるガブリが見た衝撃の運命とは――。

■Tシャツ 3500円(税込)
黄身のごとく鮮やかな黄色と、卵と破滅が同居したモダン・デザイン。

■たま卵クッキー(中西怪奇菓子工房。制作)500円(税込)
ひとたび食べれば卵の虜になること必至、おいしく危険な魅力に満ちたクッキー。

■卵(らん)バッジ 500円(税込)
ドクロ印の卵を開けると、ランダムで2つの缶バッジが。何が出るかは、卵同様、開けてみないと分からない。

■癒やしを呼ぶ卵スライム 300円(税込)
開けて驚愕、半熟卵スライムが飛び出し、あなたの心もとろかすさわり心地。

作品情報

殺しを呼ぶ卵 【最長版】
2022年12月2日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次公開

1968年|イタリア=フランス合作|105分|ビスタ|モノラル|原題:LA MORTE HA FATTO L'UOVO PG12

出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、ジーナ・ロロブリジーダ、エヴァ・オーリン、ジャン・ソビエスキー、レナート・ロマーノ
監督:ジュリオ・クエスティ 脚本:フランコ・アルカッリ、ジュリオ・クエスティ 撮影:ダリオ・ディ・パルマ 美術:セルジオ・カネヴァリ 編集:フランコ・アルカッリ
音楽:ブルーノ・マデルナ  ●キングレコード提供  ●アンプラグド配給

© Licensed by MOVIETIME SRL-Rome-Italy. All Rights Reserved.

公式サイト unpfilm.com/koroshiegg

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事