第 69 回ベルリン国際映画祭パノラマ部門に正式出品された、中国の名匠ロウ・イエ(婁燁)監督作品『シャドウプレイ【完全版】』(2023年1月20日公開)のポスタービジュアルが解禁された。

各時代の雰囲気を纏いながらストーリーを紡ぐ、7人の写真で構成するスタイリッシュなビジュアル

本作は、1989年という奇しくも天安門事件が起こった年から、社会主義市場経済が押し進められ激変する中国の30年間を、香港、台湾との離れがたい関係と、ある家族の姿を通して描くネオ・ノアール・サスペンス。

2013 年、広州の再開発地区で立ち退き賠償をめぐり、住民の暴動が起こったその日、開発責任者のタンが屋上から転落死する。事故か他殺か、捜査に乗り出した若手刑事のヤンは、捜査線上に浮かぶ不動産開発会社の社長ジャンの過去をたどる。その過程で見えてくるジャンのビジネス・パートナーだった台湾人アユンの失踪事件。転落死と謎の失踪、2つの事件を生んだ愛憎の根本は、ジャンと死亡したタン、タンの妻のリンが出会った 1989 年が始まりだった。

今回公開されたメインビジュアルは、7人の登場人物によって彩られている。事件の真相を追う若き刑事ヤンが、街角で何かを見つめる姿を一番上に配し、リン、その娘のヌオ、この2人と密接な関係のあるジャン、ジャンのパートナーで台湾のクラブで唄うアユン、ジャンとアユンの協力者タン、そしてヤンの協力者で香港の探偵アレックス。各時代の雰囲気を纏いながらストーリーを紡ぐ、7人の写真で構成するスタイリッシュなビジュアルとなっている。

事件を追う若き刑事ヤンには、中国の若手人気俳優ジン・ボーラン(井柏然)。野心家の不動産会社社長ジャンに、ロウ・イエ組常連のチン・ハオ(秦昊)。市の開発責任者タンに、チャン・ソンウェン(張頌文)。その妻で精神を病んだことがあるリンに、『SHOCK WAVE ショック・ウェイブ 爆弾処理班』のソン・ジア(宋佳)。タンとリンの娘ヌオに、『ソウルメイト/七月と安生』のマー・スーチュン(馬思純)。チャンのビジネス・パートナーで台湾人アユンに『あの頃、君を追いかけた』のミシェル・チェン(陳妍希)が出演。【完全版】では、検閲によりカットされていた香港の俳優エディソン・チャン(陳冠希)が8年の休養期間を経て出演している。

また、音楽には、本映画完成後の2018年2月に亡くなった、ポストクラシカル・シーンを代表するアイスランド出身のヨハン・ヨハンソンとヨナス・コルストロプが手掛け、静かなピアノ曲や、情感溢れる楽曲を提供している。

同時期公開されるメイキング映画『夢の裏側』では、あまり捉えられたことのない中国映画の制作現場、そして映画が完成してから電影局とのやりとりで公開まで2年を要した経緯をドキュメントしている。

なお、本作は、2019年第20回東京フィルメックスのオープニング作品として日本初上映されたバージョンに検閲により監督が余儀無くカットせざるをえなかった計5分間のシーンを加え、129分となる。そして、本公開作品のタイトルを『シャドウプレイ【完全版】』としている。

作品情報

シャドウプレイ【完全版】
2023年1月20日(金)新宿K's cinema、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺他 全国順次公開

STORY
2013年、広州の再開発地区で立ち退き賠償をめぐり、住民の暴動が起こったその日、開発責任者のタンが屋上から転落死する。事故か他殺か、捜査に乗り出した若手刑事のヤンは、捜査線上に浮かぶ不動産開発会社の社長ジャンの過去をたどる。その過程で見えてくるジャンのビジネス・パートナーだった台湾人アユンの失踪事件。転落死と謎の失踪、2つの事件を生んだ愛憎の根本は、ジャンと死亡したタン、タンの妻のリンが出会った1989年が始まりだった。

監督:ロウ・イエ(婁燁)
出演:ジン・ボーラン(井柏然)、ソン・ジア(宋佳)、チン・ハオ(秦昊)、マー・スーチュン(馬思純)、チャン・ソンウ ェン(張頌文)、ミシェル・チェン(陳妍希)、エディソン・チャン(陳冠希)
2018 年/中国/129 分/北京語・広東語・台湾語/DCP/1.85:1

配給・宣伝:アップリンク

©DREAM FACTORY, Travis Wei

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事