第20回ニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバルでグランプリを受賞し、一般に想起されがちな、これまでのモンゴル映画のイメージを鮮やかに覆した『THE SALES GIRL』(英題)が『セールス・ガールの考現学』の邦題で4月28日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開されることが決定し、ポスタービジュアルが解禁となった。

「モンゴル映画の印象が変わった!」

モンゴルの都市部で生きる一人の女性の成長譚を、アダルトグッズ・ショップを舞台にユーモアたっぷりに軽やかに描き、第20回ニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバルで、日本や韓国、タイといった“映画強豪国”からの出品作をおさえ、見事グランプリを受賞した作品が、いよいよ待望の日本正式劇場公開となる。

モンゴル・ウランバートルで家族と暮らし、大学で原子工学を学ぶサロールは、代わり映えのない毎日を送っていたが、ひょんなことから、大人のオモチャが所狭しと並ぶ、ビルの半地下にある怪しげなアダルトグッズ・ショップでアルバイトをすることになる。そして店を訪れるさまざまなタイプのお客たちと接する日々の中で、人生経験豊富な女性ショップ・オーナーに導かれ、自分らしく生きることを学んでいく…。

ワールドプレミア上映となった第17回大阪アジアン映画祭では、コンペティション部門に出品され、上映後にはSNS上で、「ダントツの面白さ」「モンゴル映画の印象が変わった!」「音楽の入り方、めっちゃセンスを感じた」といった絶賛の声が並んだ。また、300人のオーディションの中から選ばれ、本作が映画デビューにして映画初主演となったバヤルツェツェグ・バヤルジャルガルが、「最も輝きを放っている出演者」に贈られる薬師真珠賞を受賞。彼女は、海外プレスからも、「完璧。思春期の女の子から大人の女性へと変わりゆく狭間で揺れ動く、繊細な人間の感情を見事に表現している。」(asianmoviepulse)、「大きなスクリーンの中で、花が咲くのを見るようだった」(lilithia)と絶賛されている。

そして主人公サロールと不思議な友情関係を築き、人生の酸いも甘いも噛み分け、サロールに金言を授けるキーパーソンとなるオーナー・カティアを演じたエンフトール・オィドブジャムツは、実に30年ぶりの銀幕復帰となったモンゴルを代表するベテラン俳優だ。

監督は、ジャンチブドルジ・センゲドルジ。初期代表作である「オキシゲン」(10)が第1回なら国際映画祭に入選、以後も「Lovers」(16)でモンゴル版アカデミー賞の最優秀監督賞を受賞、「Life」(18)がウランバートル国際映画祭で最優秀長編作品賞を受賞するなど、現代のモンゴル映画界を代表する俊英監督。本作では、監督のほかに脚本・プロデューサーも務めている。

さらに、2022 年のウランバートルのラジオチャート年間トップ 20 入りも果たした、モンゴルが誇る人気シティポップ・バンド、マグノリアンのヒット曲が映画全編を彩り、“新しいモンゴル映画”を印象付けるのに一役買っている。

邦題となった「考現学」とは、社会現象を定点観測で調査・研究し、世相や風俗を分析しようとするもの。主人公サロールはアダルトグッズ・ショップで働くことで、そこに集うオーナーやお客たちと接し、さながらフィールドワークのような日々を過ごすことで、自らの未来を主体的に歩んでいくようになる。

解禁となったポスタービジュアルは、大人のオモチャが無造作に置かれた暗がりのショップ内で、主人公サロールがコスチューム姿ながら物憂げな表情で佇んでいる印象的な姿に、「人生なんか、怖くない。」というキャッチコピーが映えるものになった。

作品情報

セールス・ガールの考現学
2023年4月28日(金)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

監督・脚本・プロデューサー:ジャンチブドルジ・センゲドルジ 音楽:ドゥルグーン・バヤスガラン(Magnolian)
出演:バヤルツェツェグ・バヤルジャルガル、エンフトール・オィドブジャムツ
2021 年/モンゴル/モンゴル語・ロシア語/2.00:1/カラー/5.1ch/123 分
原題:Khudaldagch ohin (英題 THE SALES GIRL)
字幕翻訳:大塚美左恵 モンゴル語監修:フフバートル
配給:ザジフィルムズ

©2021 Sengedorj Tushee, Nomadia Pictures

公式サイト http://www.zaziefilms.com/salesgirl/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事