2023年1月24日、第95回アカデミー賞のノミネーションが発表された。ノミネーション発表を務めたのは、『サウンド・オブ・メタル 〜聞こえるということ〜』のリズ・アーメッドと『M3GAN/ミーガン』のアリソン・ウィリアムズ。

『ザ・ホエール』
4月7日(金)TOHO シネマズ シャンテ他全国ロードショー
© 2022 Palouse Rights LLC. All Rights Reserved.
『RRR』の「Naatu Naatu(ナートゥ ナートゥ)」がインド映画初のアカデミー賞歌曲賞候補に

『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』が10部門11ノミネートで最多候補に。『イニシェリン島の精霊』『西部戦線異状なし』が9ノミネートでそれに続いている。主演男優賞の候補者はこれが全員初のノミネートとなった。

クロエ・ジャオ、ジェーン・カンピオンと2年連続で女性が受賞していた監督賞部門では、今年は一人も女性がノミネートされなかった。『RRR』の「Naatu Naatu(ナートゥ ナートゥ)」がインド映画としては初のアカデミー賞歌曲賞候補に挙がっている。

主要部門のノミネートは以下の通り。

作品賞

『西部戦線異状なし』All Quiet on the Western Front
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』Avatar: The Way of Water
『イニシェリン島の精霊』The Banshees of Inisherin
『エルヴィス』Elvis
『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』Everything Everywhere All at Once
『フェイブルマンズ』The Fabelmans
『TAR/ター』Tár
トップガン マーヴェリック』Top Gun: Maverick
逆転のトライアングル』Triangle of Sadness
『ウーマン・トーキング 私たちの選択』Women Talking

主演男優賞

オースティン・バトラー 『エルヴィス』Austin Butler
コリン・ファレル 『イニシェリン島の精霊』Colin Farrell
ブレンダン・フレイザー 『ザ・ホエール』Brendan Fraser
ポール・メスカル『Aftersun(原題)』Paul Mescal
ビル・ナイ 『生きる LIVING』Bill Nye

主演女優賞

ケイト・ブランシェット 『TAR/ター』Cate Blanchett
アナ・デ・アルマス 『ブロンド』Ana de Armas
アンドレア・ライズボロー 『To Leslie(原題)』Andrea Riseborough
ミシェル・ウィリアムズ 『フェイブルマンズ』Michelle Williams
ミシェル・ヨー 『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』Michelle Yeoh

監督賞

マーティン・マクドノー 『イニシェリン島の精霊』Martin McDonagh
ダニエル・クワン&ダニエル・シャイナート(通称:ダニエルズ) 『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』Daniel Kwan & Daniel Scheinert
スティーヴン・スピルバーグ 『フェイブルマンズ』Steven Spielberg
トッド・フィールド 『TAR/ター』Todd Field
リューベン・オストルンド 『逆転のトライアングル』Ruben Östlund

助演男優賞

ブレンダン・グリーソン『イニシェリン島の精霊』Brenden Gleeson
ブライアン・タイリー・ヘンリー『その道の向こうに』Brian Tyree Henry
ジャド・ハーシュ『フェイブルマンズ』Judd Hirsh
バリー・コーガン『イニシェリン島の精霊』Barry Keoghan
キー・ホイ・クァン『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』Ke Huy Quan

助演女優賞

アンジェラ・バセット『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』Angela Bassett
ホン・チャウ『ザ・ホエール』Hong Chau
ケリー・コンドン『イニシェリン島の精霊』Kerry Condon
ジェイミー・リー・カーティス『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』Jamie Lee Curtis
ステファニー・スー『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』Stephanie Hsu

脚本賞

『イニシェリン島の精霊』
『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』
『フェイブルマンズ』
『TAR/ター』
『逆転のトライアングル』

脚色賞

『西部戦線異状なし』
『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』
『生きる LIVING』
『トップガン マーヴェリック』
『ウーマン・トーキング 私たちの選択』

長編アニメ映画賞

『ギレルモ・デル・トロのピノッキオ』
『Marcel the Shell with Shoes On(原題)』
『長ぐつをはいたネコと9つの命』
『ジェイコブと海の怪物』
『私ときどきレッサーパンダ』

歌曲賞

“Applause”『Tell It Like a Woman(原題)』
“Hold My Hand”『トップガン マーヴェリック』
“Lift Me Up”『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』
“Naatu Naatu”『RRR』
“This Is A Life”『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』

2023年・第95回アカデミー賞は3月12日(現地時間)に開催される。司会を務めるのはジミー・キンメル。アカデミー賞授賞式はWOWOWで3月13日(月)(※日本時間)に現地の様子を生中継にて届ける。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事