ホロコースト(ナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺)にまつわる衝撃の実話を基にした映画『Betrayed』の邦題が『ホロコーストの罪人』と決定し、8月27日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開されることが決定した。また公開・邦題決定とあわせて日本版ポスターも解禁された。

待ち構えていたのはアウシュヴィッツへと向かう船だった——

本作は、ユダヤ人家族の悲劇と運命を描くとともに、ホロコーストに加担したノルウェー最大の罪を明らかにしていく物語。ナチス侵攻の裏で起きた、知られざる衝撃の実話を基にした作品だ。

第二次大戦中、ユダヤ人一家のブラウデ家族はボクサーの息子チャールズが結婚し、幸せな日々を送っていた。しかしナチス・ドイツがノルウェーに侵攻すると状況は一変。チャールズらユダヤ人男性はベルグ収容所へと連れて行かれ、厳しい監視のもと強制労働を強いられる。

一方、母とチャールズの妻は彼らの帰りを待ちながら、スウェーデンへの逃亡も準備していた。ところが1942 年 11 月、ノルウェー秘密国家警察とタクシー運転手によって、ユダヤ人全員がオスロ埠頭へと強制移送された。そこで待ち構えていたのはアウシュヴィッツへと向かう船だった——

出演は『獣は月夜に夢を見る』のヤーコブ・オフテブロ、『ソフィーの世界』のシルエ・ストルスティン、『ミレニアム』シリーズのミカリス・コウトソグイアナキスほか。監督は、『HARAJUKU』で国内外で高い評価を得たエイリーク・スヴェンソン。

「家族を引き裂いたノルウェー最大の罪」

今回、公開・邦題決定と合わせて解禁となった日本版ポスターは「家族を引き裂いたノルウェー最大の罪」というコピーとともに、主人公であるチャールズがこちらを見つめ、悲しく不安な表情を浮かべる両親と妻の姿が中央に配置されている。

また、タイトルである『ホロコーストの罪人』から連想される収容所での暴力シーンと、ユダヤ人をアウシュヴィッツへと移送する大きな船が描かれ、この作品が家族の悲劇とともにホロコーストにノルウェー人が加担した
罪を描いた知られざる衝撃の実話であることを物語っている。

作品情報

ホロコーストの罪人
8月27日(金)、新宿武蔵野館 ほか全国順次公開

監督:エイリーク・スヴェンソン 脚本:ハラール・ローセンローヴ=エーグ、ラーシュ・ギュドゥメスタッド
製作:マーティン・サンドランド 音楽:ヨハン・セデルクヴィスト
出演:ヤーコブ・オフテブロ、クリスティン・クヤトゥ・ソープ、シルエ・ストルスティン、ピーヤ・ハルヴォルセン、ミカリス・コウトソグイアナキス、カール・マルティン・エッゲスボ

2020 年/126 分/カラー/ビスタ/5.1ch ノルウェー語・ドイツ語/ノルウェー/日本語字幕:高橋澄 PG-12

原題:Den største forbrytelsen 英題:Betrayed 後援:ノルウェー大使館

配給:STAR CHANNEL MOVIES

©2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事