日本でも大ヒットした1962年の映画『わんぱく戦争』のデジタルリマスター版が今年8月に公開することが決定し、あわせてポスタービジュアルが解禁された。

軽快なタッチで描かれる子供たちによる争いは、当時のフランス社会を面白おかしく風刺

本作はフランスの国民的作家ルイ・ペルゴーの小説「ボタン戦争」(1912)を、舞台俳優出身の監督イヴ・ロベールが、『禁じられた遊び』のシナリオを描いたフランソワ・ボワイエと共同で脚色した作品。

舞台は美しい自然に囲まれた南フランスの片田舎。隣り合った二つの村、ロンジュヴェルヌとヴェルランの子供たちはいつも睨み合っていた。それぞれの大将はルブラックとラズテック。戦場は村の境界にある砂地の原っぱで、勝った方の戦利品は相手の服のボタンだ。戦いに負け、ボタンを奪われてしまったルブラック、家に帰ると親に大目玉を食らってしまった。今度は何とかして無傷で勝ちたい、そこである妙案を思いつくのだった…。

南フランスの田舎の風景をバックに、軽快なタッチで描かれる子供たちによる争いは、当時のフランス社会を面白おかしく風刺している。日本も含め世界中で大ヒットし、その後も何度かリメイクが作られるなど人気を博した。

中でも愛くるしいキャラクターのアントワーヌ・ラルチーグ扮する“ちびジビュス”の口癖「嫌んなっちゃう 来なきゃよかったよ」はフランスでは有名な流行語となった。

劇中でも流れる軽快な「わんぱくマーチ」は当時のNHK「みんなのうた」にも選ばれた

出演した100人の子供たちは演技経験の全くない素人だったが、彼らの元気溢れる自然な演技は観客の心を掴んで離さない。強い団結力によって統率された少年グループ2組の抗争を、文字通り体当たりで表現してみせた。

また劇中でも流れる軽快な「わんぱくマーチ」は当時のNHK「みんなのうた」にも選ばれ、作詞家・阪田寛夫(童謡「ねこふんじゃった」「サッちゃん」)による歌詞がつけられて当時の子供たちにも口ずさまれることとなった。

そんな不朽の名作が製作から実に60年の時を経て、デジタルリマスター化されスクリーンに帰ってくる。

今回解禁されたポスタービジュアルには、人気キャラクター“ちびジビュス“が舌を出し、何かを威嚇しているようなコミカルで魅力的な表情が大きく描かれている。

カラフルなタイトル横には、日本でもお馴染みのフランス人ポスター作家、レイモン・サビィニャックの描いた懐かしのイラストも華を添えている。

無邪気で可愛いらしい“ちびジビュス“が年上の子供たちに混ざり、どのように抗争に参加していくのかも見どころで、非常に楽しげなビジュアルに仕上がっている。

作品情報

わんぱく戦争
8月6日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開予定

監督:イヴ・ロベール 音楽:ジョセ・ベルグマン「わんぱくマーチ」
原作:ルイ・ペルゴー「ボタン戦争」 脚色:フランソワ・ボワイエ/イヴ・ロベール 
撮影:アンドレ・バック 製作:イヴ・ロベール/ダニエル・ドロルム
1961年(日本初公開:1963年)/フランス/フランス語/モノクロ/ヨーロピアンビスタ/94分
原題:GUERRE DES BOUTONS 日本語版字幕:横井和子
提供:ZAZI FILMS and GAUMONT

配給:ユナイテッドエンタテインメント

©1962 ZAZI FILMS

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事