HBOオリジナルSFアクションシリーズ『ザ・ネバーズ』が2021年6月24日(木)よりU-NEXTで日本初の見放題で独占配信。このたび新たな予告編が解禁、さらに日本語吹替を務める坂本真綾、早見沙織、小西克幸、諏訪部順一ら豪華声優陣が本作の魅力を語ったコメントが到着した。

HBOが贈るヴィクトリアンSFアクションが日本初上陸!

『アベンジャーズ』シリーズ監督のジョス・ウェドン×『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウォッチメン』など映画級のスケールとハイクオリティで知られるテレビ局HBOがタッグを組んで生み出され、HBO Maxで最高視聴率を叩き出した人気シリーズ『ザ・ネバーズ』。本作では「Touched(タッチト)」と呼ばれ異端視される女性たちが、次々と現れる謎の敵と超能力バトルを繰り広げながら、壮大な運命に立ち向かっていく姿が描かれる。配信に先駆け、新たな予告編が公開された。

日本語吹替版キャストには、坂本真綾(『鬼滅の刃』珠代、『黒執事』シエル・ファントムハイヴなど)、早見沙織(『鬼滅の刃』胡蝶しのぶ、『魔法科高校の劣等生』司波深雪など)、小西克幸(『鬼滅の刃』宇髄天元、『天元突破グレンラガン』カミナなど) 、諏訪部順一(『テニスの王子様』跡部景吾、『呪術廻戦』両面宿儺など)、細谷佳正(『メガロボクス』ジョー、『進撃の巨人』ライナー・ブラウンなど) 、日笠陽子(『けいおん!』秋山澪、『SHAMAN KING』麻倉葉など)、山路和弘(『PSYCHO-PASS サイコパス』雑賀譲二、『トランスポーター』フランク・マーティンなど) 、朴璐美(『鋼の錬金術師』エドワード・エルリック、『進撃の巨人』ハンジ・ゾエなど)と豪華声優陣が集結。1話の収録を終えたばかりの声優陣から、個性豊かな面々を演じる意気込みや本作の魅力を語ったコメントが到着した。

本作の見どころをお聞かせください

(坂本)SFファンタジーの楽しくて華やかな要素の奥には、女性はこうあるべきという昔ながらの価値観が強い時代に自分らしさを求め自立しようとする女性たちの奮闘が隠れていて、だからこそ共感できます。力を合わせて生きている彼女たちの仲間に入れてもらえるような気がして、見ているだけで勇気付けられます。

(早見)タッチトと呼ばれる人々が持つ個性豊かな能力と、スピーディなバトルシーン。見ていて惹きつけられました。穏やかで時にコミカルなシーンと重くシリアスなシーン、明と暗のギャップが大きいところも魅力です。トルーたちがいる救護院を中心に、様々な勢力が絡み合う様子はハラハラしますし、毎回続きが気になる作品です。

(小西)やはりタッチトとは一体何なのか?どうして特殊能力が使えるのか?なぜ女性が多いのか?そして、あの飛んでたやつは何なのか?謎だらけでワクワクします。

(諏訪部)本作はヴィクトリア朝のロンドンが舞台。スチームパンク的な雰囲気漂う世界設定は、それだけで十二分に魅力を感じさせてくれるわけですが、そこで物語を転がしていくのは「タッチト」と呼ばれる特殊能力を持つ人たち……ワクワクしかないですね。

(細谷)特殊能力を持つ人々の物語で、時代設定を現在にしていない作品は珍しいと思うので、時代設定を19世紀にした理由は何なのかが気になっています。特別な力があるけれど、現代ほど便利なものは多くない時代に生きている人々の物語なので、その設定がこの先どういう風に効いてくるのか?というのが気になっています。

(日笠)タッチトと呼ばれる力を持った人達の苦悩を描きつつも、その苦悩と共に手を取り合いながら強く前を向いて生きられるように、そしてその力を受け入れていくという、女性の強さとしなやかさが描かれています。

(山路)収録2本終わった。「一体何処に向かっていくんだ?」妻(マラディ役)と虚なマナコで見合い「しかし物凄いエネルギーは感じる」と頷き合う。スタッフに聞いてみた。「どうなるんでしょうね」て、えーっ?!真暗な大海原に泳ぎ出してしまったが、只々刑事マンディ(山路)の幸せを期待。

(朴)わからないところです。もうびっくりするほど、わからない。だから知りたくなる。癖の強いスルメのような作品です。

演じたキャラクターについて教えてください

(坂本:アマリア・トルー役)
クールな表情の奥に熱い信念があって、誰の前でも自分の意見を言えて、まわりの人を惹きつけるカリスマ性もある。そんなアマリアの魅力を、日本語版でも損なわないように寄り添って演じることができたらと思っています。

(早見:ペナンス・アデア役)
聡明で明るく自然体で、お茶目なところのある人だと思いました。トルーとの息ぴったりのやりとりは軽快で楽しいです。トルーの台詞を途中で引き受けるように話し出すことも多いので、バトンを貰うような感覚で声をあてています。喜怒哀楽の表情が豊かなので、声の方でも幅を広げて表現できれば良いなと思っています。共通点はなんでしょうか…とてもステキな方で、中々見つけられないですが、コミカルな表情や遊び心には、不思議と親近感を覚えます。

(小西:オーガスタス・ビドロー役)
ちょっと変わった鳥類学者です。たぶん物事に集中するとそれしか見えなくなる人。でもいい人だと思います。1話収録時点ですが(笑)。

(諏訪部:ヒューゴ・スワン役)
ヒューゴ・スワンはなかなかクセの強い人物です。享楽、退廃、混沌、そんな言葉が彼をイメージする言葉として浮かびます。果たしてどのように物語に絡んでくるのか?こないのか?今後の展開が楽しみです。彼の纏う空気感をうまく出せるよう努めています。

(細谷:ホレイショ・カズンス役)
そこまで多く登場するキャラクターではないので、まだわからないです。最初のアフレコを終えた段階なので、物語が進むうちに色々わかってくるのかな?と思います。

(日笠:メアリー・ブライトン役)
アフレコが進んでいる現時点では儚い印象が強いのですが、マラディに相対する時に怯えながらも自分の意見を言ったり、芯の強さを感じられるところが随所にあり、今後どのようにメアリーが成長していくのか、歌という力とどのように付き合っていくのか非常に気になります。

(山路:フランク・マンディ役)
刑事マンディ(山路)の幸せを期待。

(朴:マラディ役)
連続殺人犯の役だと聞いてはいたのですが、第一話をみた時…なんという悲痛な役を頂いてしまったのだろうかと、ひたすら彼女の持つ哀しみのエネルギーに打ちのめされました。しっかり心に寄り添い、良き理解者として演じていきたいと思います。

自分が「タッチト」だったら、どんな能力がほしいですか?

(坂本)傷を治せる力。私はしょっちゅう転んだりぶつけたりしていつも怪我しちゃうし、傷跡がなかなか消えないお年頃なので。

(早見)私もペナンスの能力を手に入れて、発明発明の日々を送ってみたいです。世紀の大発明も良いですが、日常をちょっと便利にするようなグッズを開発したいですね。あとは、治癒能力にも憧れます。自分のも人のも、日々の小さな傷などをさっと治せたら良いなと思います。

(小西)怪我を治す能力。便利じゃないですか。

(諏訪部)やはりホレイショ・カズンスの持つヒーリング能力でしょうか。時代や場所を問わず、常に重宝する能力であることは間違いないですから。世のため人のために活用できてこその超能力だと思いますので。

(細谷)余計な時間を使わなくて済みそうなので、予知能力が欲しいのと、後は多言語話者の能力が欲しいです。日本以外の国でも何か仕事が出来るかもしれないから、です。

(日笠)毎日とんかつ・ラーメン・鮨・焼肉・唐揚げ・ピザ・スイーツを食べても太らないパワーを!!ください!!!

(山路)タッチトの能力は欲しいものばかりだが、デジレのひとに秘密を喋らせる力だけは要らない。他人の秘密は「ノータッチト」にかぎる。

(朴)他言語のパワーが欲しいです。人の秘密を知る能力はいりません。

作品概要

『ザ・ネバーズ』(原題:The Nevers)<全6話>
【配信開始日】2021年6月24日(木)0:00 第1話配信予定(毎週木曜日に1話ずつ配信)
【配信形態】U-NEXTにて見放題
【公式サイト】https://www.video.unext.jp/title_k/the_nevers
【U-NEXT HBO特設ページ】https://www.video.unext.jp/lp/hbo

【STORY】
19世紀、ロンドン。予知能力、電気や炎を操る力、物を一瞬で壊す力、傷を癒やす力、突如特殊能力に目覚めた女性を中心とした一般市民は「The Touched」と呼ばれ、世間の片隅で暮らしていた。能力者を襲う者、かばう者、利用する者、それぞれの思惑が渦巻くなか、彼女たちの前に次々と現れる謎の敵。果たして、その能力は希望か脅威かー?激しいバトルを繰り広げながら、彼女たちは世界を揺るがす危機に立ち向かっていくー。

【スタッフ】
企画/製作総指揮:ジョス・ウェドン(『アベンジャーズ』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『ジャスティスリーグ』など )
衣装: ミシェル・クラプトン(『キングスマン:ファースト・エージェント』『ゲーム・オブ・スローンズ』など)ほか
スタント:クロエ・ブルース(『ワンダーウーマン 1984』『ゲーム・オブ・スローンズ』など)ほか
製作総指揮:バーナデット・コールフィールド、アイリーン・S・ランドレス、ダグラス・ペトリ、ジェーン・エスペンソン、フィリッパ・ゴスレット

【キャスト】 
アマリア・トルー:ローラ・ドネリー(『アウトランダー』『ミッシング』など)
ペナンス・アデア:アン・スケリー(『ヴァイキング 海の覇者たち』など )
ラヴィニア・ビドロー:オリヴィア・ウィリアムズ(『ファーザー』『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』 など)
ヒューゴ・スワン:ジェームズ・ノートン(『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』など)

【吹替版キャスト】
アマリア・トルー役:坂本真綾(『鬼滅の刃』珠代、『黒執事』シエル・ファントムハイヴなど) 
ペナンス・アデア役:早見沙織(『鬼滅の刃』胡蝶しのぶ、『魔法科高校の劣等生』司波深雪など) 
オーガスタス・ビドロー役:小西克幸(『鬼滅の刃』宇髄天元、『天元突破グレンラガン』カミナなど) 
ヒューゴ・スワン役:諏訪部順一(『テニスの王子様』跡部景吾、『呪術廻戦』両面宿儺など)
ホレイショ・カズンス役:細谷佳正(『メガロボクス』ジョー、『進撃の巨人』ライナー・ブラウンなど) 
メアリー・ブライトン役:日笠陽子(『けいおん!』秋山澪、『SHAMAN KING』麻倉葉など) 
フランク・マンディ役:山路和弘(『PSYCHO-PASS サイコパス』雑賀譲二、『トランスポーター』フランク・マーティンなど) 
マラディ役:朴璐美(『鋼の錬金術師』エドワード・エルリック、『進撃の巨人』ハンジ・ゾエなど)

© 2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事