心拍数が一定値を超えるとタイムスリップできる特殊能力を得た青年が、その力を駆使して殺人犯を追うSFサスペンス『オーバー・スピード 時空を超えた目撃者』のDVDが2021年8月6日(金)に発売されることが決定。レンタルも同時にリリースされる。

ジャケット写真
SF大国ロシアから新たなSFタイムトラベル・サスペンスが誕生!

アンドレイ・タルコフスキーの『惑星ソラリス』やティムール・ベクマンベトフの『ナイト・ウォッチ』『デイ・ウォッチ』、近年は『ワールドエンド』『アンチグラビティ』『アトラクション』など、新旧問わず傑作SF映画を生み出しているロシアから、新たなる作品が登場した。

8月6日にDVDリリースされる劇場未公開作『オーバー・スピード 時空を超えた目撃者』は、交通事故の後遺症により、事故・事件・殺人によって人が死亡した場所で心拍数が230を超えると、タイムスリップできるという特殊能力を得た青年セルゲイが主人公。命の危険を伴う心拍数を命の危険を伴う心拍数を維持することで時空を超えられるという斬新な設定が魅力の、SF とスリラー、アクション要素が入り混じる新感覚のタイムトラベル・サスペンスだ。

タイムトラベル×スリラーの親和性は高く、映画ファンにも人気のジャンル。同ジャンルのヒット作には『バタフライ・エフェクト』『LOOPER/ルーパー』『ドント・レット・ゴー 過去からの叫び』などがある。

本作では殺人の罪を着せられたセルゲイが濡れ衣を晴らすため、特殊能力を使って過去・現在・未来を行き来し真犯人を探すが、自らの身体を危険に晒すその姿は、ジェイソン・ステイサムの『アドレナリン』やキアヌ・リーヴスの『スピード』を彷彿とさせる。最初から最後まで息つく間もない緊張感を保ち、主人公と同様に観る者の心拍数もマックスにさせるSFサスペンスを目撃せよ!

作品情報

『オーバー・スピード 時空を超えた目撃者』
2021年8月6日(金)DVD発売 ※レンタル同日リリース
品番:TMSS-438 POS4522178013201|価格:¥3,800(税抜)
【83分|COLOR|片面1層|画面:16x9 シネスコ|音声1:ロシア語ステレオ 2:日本語吹替ステレオ|字幕1:日本語字幕 2:吹替用字幕】
2020 年ロシア|SF、サスペンス、スリラー|英題:RUN

発売・販売:トランスフォーマー
© Revolutsya Film LLC, NAUTILUS MEDIA LLC, 2020

【ストーリー】
陸上のオリンピック候補として期待されていたセルゲイ。しかし交通事故で恋人を亡くし、自身も運動をすると急激に心拍数が上がるという後遺症を負ってしまう。ある日、自暴自棄になったセルゲイは、心拍計の警告音を無視して全力疾走し、倒れてしまう。手助けしてくれた女性の手をはねのけ、気を失って目を覚ますと、近くの雑木林で遺体が発見されていた。
その遺体は彼が気を失う前に手をはねのけた女性で、死後3日が経過しているという。困惑したセルゲイは、身に起きたことを確認するため、前回と同じ場所で心拍数を極限まで上げた。すると突然、目の前に死んだ女性と彼女を追いかける男の姿が。いつの間にか、セルゲイの身体は時空を超えていたのだ!
やがて元の時間に戻ったセルゲイだったが、その後も立て続けに殺害された女性の遺体を発見。連続して殺人事件の第一発見者となった彼を不審に思った警察は、セルゲイを容疑者と確信して強引な捜査を開始する。思わぬ濡れ衣を着せられたセルゲイが身の潔白を晴らすには、命の危険を冒して全力疾走を続けることで極限の心拍数を維持し、何度も時空を行き来するしかなかった…。

【キャスト】
エフゲニー・ロマンツェフ『コスモボール/COSMOBALL』
ポリーナ・マクシモーヴァ『ラスト・インパクト』
レオニド・グロモフ『ダーク・プラネット』
オレグ・ヴァシリコフ『ロシアン・スナイパー』
エカテリーナ・ソコロワ『戦火のナージャ』
ナジェジダ・マルキナ『ガガーリン 世界を変えた 108 分』

【スタッフ】
監督:アンドレイ・ザギドゥーリン
脚本:ユリヤ・イドリス
撮影:アントン・ゼンコヴィッチ『ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物』
音楽:デニス・スーロフ
製作:グリゴリ・ポジメルニー、アレクサンダー・ケッセル、ミハイル・ドヴォルコーヴィチ、グリゴリー・グラノフスキー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事