『Mr.ノーバディ』に主演したアメリカの俳優、ボブ・オデンカークが新作の撮影中に倒れたというニュースに続報。オデンカーク自身がツイッターを更新し、倒れたのは軽い心臓発作によるもので、現在は容体が安定していることを報告。家族やファンのサポートに感謝を述べた。

ボブ・オデンカーク
"Bob Odenkirk" by Gage Skidmore is licensed under CC BY-SA 2.0
「溢れんばかりの愛に感謝します」

オデンカークは人気シリーズ『ベター・コール・ソウル』第6シーズンをニューメキシコで撮影中にセット内で突然倒れ、そのまま病院に搬送されていた。

7月31日、オデンカークはそれ以来初めての公式声明をTwitterに投稿。家族や友人、そしてファンからの「溢れんばかりの愛」に感謝しつつ、現場に「すぐに戻る」ことを誓った。

「こんにちは、ボブです。今週、私を囲んでくれた家族や友人たちに、そして私を心配し、気遣ってくれた皆さんからの溢れんばかりの愛に感謝します。私は軽い心臓発作を起こしました。 でも医師たちのおかげで大丈夫です。 まだ回復には時間がかかりそうですが、すぐに戻ります」

これに対しファンも「最高のニュースです。ゆっくり休んでください」「あなたが長年にわたって提供してきたコメディとアートには誰もが感謝しています」「一日も早い回復を願っています」と反応。安堵の声が広がっている。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事