『アルマゲドン』や『トランスフォーマー』シリーズで知られるマイケル・ベイ監督が実話を基に作り上げた、 日本では劇場未公開のアクション超大作『13時間 ベンガジの秘密の兵士』がdTVで配信スタートした。

イスラム過激派によるアメリカ領事館襲撃事件の実話を基に「13時間」の激闘を描く

本作の基になったのは、2012年9月11日にリビアの東部ベンガジで発生したイスラム過激派によるアメリカ領事館襲撃事件。事件を取材したジャーナリストのミッチェル・ザッコフによるノンフィクションを軸に、現地で繰り広げられた「13時間」の激闘を描き出す。

独裁政権崩壊後、新政府とイスラム系武装勢力の内戦が続くリビアの中でも、当時「世界でもっとも危険な都市のひとつ」と呼ばれていたベンガジ。そこで突如として起こったアメリカ領事館襲撃事件に対応したのは、CIAに派遣された特殊部隊GRSに所属する6人の男たちだった。

実際の事件を再現したシリアスでストイックなストーリーを描きつつ、見どころはやはりマイケル・ベイ監督ならではの大迫力の戦闘シーン。

押し寄せる暴徒からの領事館奪還&職員救出ミッション、そしてCIA基地での決死の籠城戦へ。救援のない絶体絶命の状況の中で展開するのは、大群衆と対峙する怒涛の銃撃戦、手に汗握るカーチェイス、容赦ない爆発に次ぐ爆発!

徹底した実写主義を掲げるマイケル・ベイならではのこだわりが随所に息づくリアルな映像に、まるで現場にいるかのような臨場感と緊張感を味わえる。さらに、激しい戦闘アクションだけではなく、その合間に描かれる家族への熱い想い、6人の絆が伝わってくる軽妙なやりとりなど、人間ドラマとしてもグッと胸に響くシーンが盛りだくさん。

果たして、6人は夜明けを迎えることができるのか? アクションもドラマも社会的なメッセージ性も濃厚に詰まった、約2時間半におよぶ超大作だ。

作品情報

13時間 ベンガジの秘密の兵士

~作品概要~
『トランスフォーマー』ほか、ヒット作を数多く手掛けたマイケル・ベイ監督による社会派戦争アクション。PG12指定作品。

~あらすじ~
軍事組織GRSの一員であるジャック・シルバ(ジョン・クラシンスキー)がリビアの港湾都市ベンガジにあるCIAの拠点アネックスに着任した。そのすぐあとの2012年9月11日、アメリカ領事館がイスラム過激派の武装集団に占拠される事件が発生。領事館のほど近くにあるアネックスは救援要請を傍受するが、アネックスの存在自体が極秘であるため手を出すことができない。ジャックらGRSの6人の警備兵たちも待機命令を受けるが、領事館を取り巻く状況が緊迫していくのを見過ごすことができず、任意で救援活動に乗り出す。

作品URL:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10015429/
© 2016 Paramount Pictures.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事