元ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンに密着した初めてのドキュメンタリー『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』が全国にて絶賛公開中。本作をより楽しむためのビーチ・ボーイズ&ブライアン・ウィルソンの基礎知識&トリビアを一挙紹介!

8月19日(金)には本作の公開記念トークイベントも開催決定

本作は「サーフィン・U.S.A.」「グッド・バイブレーション」「神のみぞ知る」、そして名盤「ペット・サウンズ」「スマイル」などを生みだした「ビーチ・ボーイズ」の創設メンバー、ブライアン・ウィルソンに密着した初めてのドキュメンタリー。その輝かしすぎる栄光の日々の半面、稀代の天才ソングライターが抱えていた、哀しくも壮絶な真実とは? 秘められた想いが今、「天才」自身の言葉によってつむがれる。

ビーチ・ボーイズのイメージはどのようなものだろう。ピーカンの夏空と青い海に響く爽快なハーモニー? 1962年に発売されたデビュー・アルバム『サーフィン・サファリ』公開から今年で60周年。長男であるブライアンと弟であるカールとデニスの3人の兄弟と、いとこのマイク・ラヴ、そして近所の友だちであるアル・ジャーディンと共にビーチ・ボーイズは結成された。

サーフィン愛好家だった次男デニスの提案により、西海岸で流行っていたスポーツをテーマにした楽曲を作っていくことに。しかし、バンドメンバーの中でサーフィンをするのはデニスだけだったという。底抜けに明るいカリフォルニア・サウンドで青春を謳歌していたのも65年までのわずか数年間。ビートルズがアメリカ中を席巻するようになると、ブライアンはそのライバル心からツアーに参加することを拒否し、作曲に専念する。

今でこそ名盤とされる『ペット・サウンド』は売上不調。そして、幻のアルバム『スマイル』の空中分解を経て、徐々にほかのメンバーとの確執が生まれ、距離が開くようになり、ブライアンとビーチ・ボーイズは長い低迷の時期へ突入していく。

ブライアンはプレッシャーに苛まれ精神疾患などから薬物依存となっていき、1982年メンバーから解雇を言い渡されてしまう。追い打ちをかけるように、グループの出発メンバーにして愛すべき弟のデニスが水死。そのころから、精神科医ユージン・ランディによる洗脳まがいの治療を受け、長い間隔離生活を余儀なくされてしまう。

映画の中では、9年もの間、家族や友人たちとの連絡を絶たされたこと、床に落ちたスパゲッティを食べさせられたことなどが赤裸々に語られる。当時の体重は140kgを超え、心身ともにボロボロに。そして1990年代初頭にランディから解放された時に訪れた、下の弟のカールの死。

失意の底に落ちたブライアン。しかし彼には音楽があった。音楽が彼を世に導き、最悪の環境から救い出した。そして、新たな家族。この映画は単なるロック界の成功者の記録ではない。家族とともに人間的な復活を遂げたひとりの男の勝利をも描いている。

『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』はTOHOシネマズ シャンテ、渋谷ホワイトシネクイントほか全国にて絶賛公開中。

なお、8月19日(金)には、音楽評論家の萩原健太と能地祐子による公開記念トークイベントも開催される。イベント詳細はこちら→https://www.cinequinto.com/white/topics/detail.php?id=593

作品情報

ブライアン・ウィルソン/約束の旅路
2022年8月12日(金)TOHOシネマズ シャンテ、渋谷ホワイトシネクイントほか全国ロードショー

監督:ブレント・ウィルソン 製作:ティム・ヘディントン、テリサ・スティール・ペイジ、ブレント・ウィルソン
製作総指揮:ブライアン・ウィルソン、メリンダ・ウィルソン、ジェイソン・ファイン 共同プロデューサー:ジャン・ジーフェルス
出演:ブライアン・ウィルソン、ジェイソン・ファイン、ブルース・スプリングスティーン、エルトン・ジョン、ニック・ジョナス、リンダ・ペリー、ドン・ウォズ、ジェイコブ・ディラン、テイラー・ホーキンス、グスターヴォ・ドゥダメル、アル・ジャーディン、ジム・ジェームズ、ボブ・ゴーディオ

2021年/アメリカ/英語/93分/原題:Brian Wilson: Long Promised Road/字幕監修:萩原健太

配給:パルコ ユニバーサル映画

Ⓒ2021TEXAS PET SOUNDS PRODUCTIONS, LLC

公式サイト https://www.universalpictures.jp/micro/brian-wilson

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事