ショートフィルム専門のオンラインシアター「ブリリア ショートショートシアター オンライン」(以下、BSSTO)は、8月4日(水)~31日(土)まで、「真夏のホラー&スリラー特集」と題し、怖くて涼しくなる世界のショートフィルム4作品を一挙配信する。

『死霊のはらわた』シリーズ最新作の公開が待たれるリー・クローニン監督作も

配信するショートフィルムは、アイルランドの『真夜中のベッドで』(上映時間 約10分)、ドイツの『悪魔が死んだとき』(約19分)、イギリスの『セバスチャンと僕たち』(約8分)、スウェーデンの『シャドウアニマル』(約22分)の4作品。

『真夜中のベッドで』は、スプラッター・ホラーの金字塔『死霊のはらわた』シリーズ最新作『Evil Dead Rise(原題)』の公開が待たれる、リー・クローニン監督作。


今回連動して特別コラムでレビューを紹介するシネマンションのあんこは「思わず布団の中に隠れたくなったよ!泣」「怪奇!狂気!恐怖!考察!のトリプルアクセル決まった怪作はやみつき」と感想を紹介している。

※BSSTOでの配信作品は初回にメールアドレス登録後、無料でご覧いただけます。
BSSTO内特集紹介ページURL:https://sst-online.jp/magazine/10526/

【BSSTO 8月配信作品】
真夏のホラー&スリラー特集 8月4日(水)~31日(土)

『真夜中のベッドの中で』(Through the Night)
監督:Lee Cronin/10:10/アイルランド/ホラー/ 2009/
夜も静まった中、隣に寝ている彼女の様子がおかしい…「あなたの隣に寝ているのは誰?」

『悪魔が死んだとき』(When the Demons Die)
監督:Daniel Rübesam /18:46/ドイツ/スリラー/ 2016/
家の外にいる危険な何かがうろついているため、家から出ることを知らない8歳のジョシュア。しかし父親がいない間に外に踏み出してしまう。

『セバスチャンと僕たち』(Sebastian and Them)
監督:Benjamin Bee/7:33/イギリス/ドラマ/ 2016/
セバスチャンには幼い頃の友達から離れなければならない理由がある。しかし当の「友達」はそれを願っていなかった。実話に基づく作品。

『シャドウアニマルズ』(Shadow Animals)
監督:Jerry Carlsson /23:14/スウェーデン/ドラマ、スリラー/ 2017
少女は父親たちと一緒に、とある晩餐会に参加する。一見ただのパーティーのような雰囲気だったが、時間が進むにつれ、参加者たちの行動が奇妙になっていく。人間がまるで動物のような行動をとっていくのだ。

8月そのほかの特別配信

8月1日(日)からは、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2021で「Make Impossible Possible (不可能を可能に)」というバイオジェン・ジャパン株式会社のビジョンを力強く伝える作品に授与する「バイオジェン・アワード」を獲得した、モンゴルの兄弟愛を描く作品『階段』、8月11日(水)からは、8月15日の終戦記念日を前に、赤十字国際委員会と早稲田大学ジャーナリズム大学院が主催するヤングリポーターコンペティションの大賞受賞者・石川奈津美さんによるドキュメンタリー『さぁ、動こう!』(仮題)を配信。

バイオジェン・アワード受賞作品 配信期間:8月1日(日)~10月31日(日)

『階段』(Stairs)
監督:Zoljargal Purevdash /12:03/モンゴル/ドラマ/ 2019
車椅子の主人公が、ウランバトールで美容師になる夢を叶えるため、試練に立ち向かう。

東京パラリンピックの年に観たいドキュメンタリー 配信期間:8月11日(水)~11月10日(水)

『さぁ、動こう!』(Let’s move! / 仮題)
監督:石川奈津美 /約25分/日本/ドキュメンタリー/ 2021
2005年10月マグニチュード7.6の地震が発生し、犠牲者の数は、東日本大震災の4.5倍にあたる、7万3千人を出したパキスタン。アフガニスタンやインドと国境を接するこの国は、地理的に紛争の影響も受けていて、急ピッチで弱者にやさしい社会システムの構築に力を入れている。自らの過去や障がいを受け入れ、乗り越えようとしている人々、また、障がい者の声に耳を傾けて、社会の主流派に加えていくためのサポートを惜しまない取り組みに焦点を当て、「誰一人として排除しない社会=ソーシャルインクルージョン」の実現について考察を与える作品。

本作は、赤十字国際委員会と早稲田大学ジャーナリズム大学院が主催する、ヤングリポーターコンペティションの大賞受賞者が、東京パラリンピック開催を控えた2019年末にパキスタンを取材。「誰一人として取り残さない社会」、「多様性の尊重」、「ソーシャルインクルージョン」が声高に叫ばれるこの時代に、真に「受け入れる」、「格差を解消する」とはどういうことかをこの作品が示唆している。

「ブリリア ショートショートシアター オンライン」は、国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」が厳選したショートフィルムを毎週水曜日に配信しているオンラインシアターです。
2008年2月~2017年12月まで横浜みなとみらいで運営したショートフィルム専門映画館「ブリリア ショートショート シアター」のブランドを引き継ぎ、2018年2月にスタートしました。
簡単な会員登録をいただければ、常時12作品ほどを無料で視聴いただけます。
短い時間ではありますが、人間の優しさや強さ、豊かな人生のヒントを教えてくれる、素晴らしい映画を皆さんの日常にお届けするオンラインシアターをめざし、映画を暮らしに取り込むヒントになる記事も掲載しています。
https://sst-online.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事