イ・ソンミンとユ・ジェミョンが競演する韓国映画『THE BEAST』(英題)が邦題『ビースト』として、10月15日(金)より、kino cinéma横浜みなとみらい、kino cinéma立川髙島屋S.C.館、kino cinéma天神 ほか全国順次公開されることが決定した。あわせてポスタービジュアル・場面写真が解禁された。

なぜ、男たちは「正義」の果てに、「運命」を引き裂かれたのか─?

『チェイサー』『新しき世界』など、その容赦なき衝撃作の数々で世界を席巻し続けてきた韓国ノワールから、またひとつ、新たな熱狂を巻き起こす傑作スリラーが誕生する。

かつては互いを認め合い、正反対の性格ながらも相棒同士だった二人の刑事。事件解決のためなら手段を選ばないハンスと、冷静沈着なミンテは、警察組織の中で昇進をかけた熾烈な争いを繰り広げながら、韓国中を震撼させた連続猟奇殺人犯を追っていた。だが、二人の執念と野心が激突した時、彼らの“正義”は思いもよらない破滅への引き金となって、自分たちの運命さえも標的にしてしまう・・・。

ハンスを演じるのは『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』でその年の賞レースを席巻したイ・ソンミン。かつての相棒ミンテには、Netflixドラマ「梨泰院クラス」で熱視線を浴び、“カメレオン俳優”の異名をとるユ・ジェミョン。さらに『名もなき野良犬の輪舞』のチョン・ヘジン、「明日に向かってハイキック」のチェ・ダニエルが集結。監督を務めたのは、東野圭吾原作『さまよう刃』を手掛けた俊英イ・ジョンホ。フレンチ・ノワールの傑作『あるいは裏切りという名の犬』を大胆に換骨奪胎した。

今回解禁となったポスタービジュアルは、内に何かを抱えた不穏な表情を浮かべるイ・ソンミンとユ・ジェミョンが大胆にレイアウトされたデザイン。

絡み合わない二人の目線は、かつての相棒同士が現在は擦れ違ってしまった様子を描き出している。キャッチコピー「正義が、狂う。運命が、軋む」からは、正義や信念が揺らいでいく極限状態に置かれた二人が抱える葛藤や、宿命に抗えない彼らの絶望感が伝わってくる。

さらに本編より場面写真が解禁。主人公のハンスと元の相棒ミンテが、猟奇殺人事件の解決に向けた方向性の違いにより、お互いに火花を散らし合いながら文字通り正面から激突する様子が捉えられている。

作品情報

ビースト
2021年10月15日(金)より kino cinéma横浜みなとみらい・立川髙島屋S.C.館・天神 ほか全国順次公開

【STORY】仁川(インチョン)で猟奇殺人事件が発生した。かつて相棒同士だった、捜査1班を率いるハンスと2班を率いるミンテは、昇進をかけて捜査に臨む。早々にハンスが容疑者を逮捕したが、冤罪を確信したミンテが独断で釈放したことで捜査は混迷を極め、また二人の溝は深まっていくのだった。その頃、情報屋のチュンべに呼び出されたハンスは、猟奇殺人事件の情報を提供する交換条件として、殺人の共犯になるように要求されていた。突然、ハンスの拳銃を奪い、待ち伏せていた男を射殺したチュンベ。予測不能の殺人事件に巻き込まれたハンスは、チュンベの隠蔽工作に加担することを余儀なくされる。チュンべからの情報でハンスが容疑者のアジトを突き止め、事件は解決へ向かうかに見えた。だが、チュンベと海に沈めたはずの車が引き揚げられ、凶器に使われた拳銃の銃弾が発見されてしまう。焦燥を募らせていくハンスの姿をミンテは怪しみ、疑惑の目を向け始める──。

監督:イ・ジョンホ

出演:イ・ソンミン、 ユ・ジェミョン、チョン・ヘジン、チェ・ダニエル

2019年/韓国/韓国語/130分/カラー/シネスコ/5.1ch/原題:비스트/英題:THE BEAST/字幕翻訳:李静華 映倫 G 

提供:木下グループ 配給:キノシネマ 

© 2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

公式サイト:https://movie.kinocinema.jp/works/thebeast

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事