東京・渋谷の映画館、Bunkamuraル・シネマが手掛けるオンライン映画館「APARTMENT by Bunkamura LE CINÉMA(以下APARTMENT)」が8月11日(水)オープン。オープニング上映の2作品にむけた松田青子と山崎まどかのコラムと、大島依提亜がデザインを手掛けたサービスロゴ&フライヤー画像がそれぞれ公開された。

オープニングを飾るのは『Rocks/ロックス』 『Romantic Comedy/ロマンティック・コメディ』の2本

APARTMENTは、1989年のオープン以来ミニシアターブームをけん引してきたBunkamuraル・シネマが、独自に権利を取得した日本初公開作品を中心にオンラインで配信上映するサービス。渋谷の劇場で上映される作品とは異なるラインナップ編成を行う。

オープニングを飾るのは、2021年英国アカデミー賞で『ノマドランド』の7部門を上回る最多8部門でノミネートされ、「最もパワフルなシスターフッド映画」と評される『Rocks/ロックス』(サラ・ガヴロン監督)と、リレーションシップ、ロマンス、そもそも映画を観ることとは──『恋人たちの予感』から『ブリジット・ジョーンズの日記』、『ゴッズ・オウン・カントリー』まで幾多のロマコメ映画の名場面を引用しつつ、その魅力とこれからについて語り合うフィルム・エッセイ『Romantic Comedy/ロマンティック・コメディ』(エリザベス・サンキー監督)の2本。どちらも約3ヶ月間上映予定。

『Rocks/ロックス』
©GIRL UNTITLED LIMITED

『Romantic Comedy/ロマンティック・コメディ』
好きな時に好きな場所で1本ごとに有料鑑賞する「通常の映画鑑賞のような」形式

映画の公開にあたり、『Rocks/ロックス』には作家の松田青子が、『Romantic Comedy/ロマンティック・コメディ』にはコラムニストの山崎まどかがコラムを寄稿、それぞれAPARTMENTの特設ページから閲覧できる。

映画の配信・視聴には動画配信プラットフォームのVimeoが使用され、サブスクリプション形式ではなく、好きな時に好きな場所で1本ごとに有料鑑賞する「通常の映画鑑賞のような」形式をとっている。オープニング2作品の鑑賞価格はそれぞれ1,200円、決済完了後48時間以内であれば繰り返し視聴可能。

APARTMENTの名称は、「ひとりでも、親しい誰かとでも、ひとりひとりに寄り添う映画を、よりパーソナルな空間で心地よい孤独とともに楽しむ空間」というコンセプトに由来しており、そのコンセプトを象徴するイラストはototoiによるもの。APARTMENT by Bunkamura LE CINÉMAは8月11日(水)18:00よりサービス開始。

APARTMENT by Bunkamura LE CINÉMA(読み方:アパートメント バイ ブンカムラ ル・シネマ)

8月11日(水)18:00よりサービス開始

URL: https://www.bunkamura.co.jp/cinema/apartment

©ototoi

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事