第78回ゴールデングローブ賞にて俳優部門2部門のノミネートを果たし、ジョディ・フォスターやベネディクト・カンバーバッチ、タハール・ラヒムらの実力派が共演した話題作『モーリタニアン 黒塗りの記録』が10月29日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開。このたび予告編が解禁された。

「まさか、合衆国が恐怖で私を支配するとは」

2005年、弁護士のナンシー・ホランダー(ジョディ・フォスター)はアフリカのモーリタニア出身、モハメドゥ・スラヒ(タハール・ラヒム)の弁護を引き受ける。9.11の首謀者の1人として拘束されたが、裁判は一度も開かれていない。キューバのグアンタナモ収容所で地獄のような投獄生活を何年も送っていた。ナンシーは「不当な拘禁」だとしてアメリカ合衆国を訴える。

時を同じくして、テロへの“正義の鉄槌”を望む政府から米軍に、モハメドゥを死刑判決に処せとの命が下り、スチュアート中佐(ベネディクト・カンバーバッチ)が起訴を担当する。真相を明らかにして闘うべく、両サイドから綿密な調査が始まる。モハメドゥから届く手紙による“証言”の予測不能な展開に引き込まれていくナンシー。ところが、再三の開示請求でようやく政府から届いた機密書類には、愕然とする供述が記されていた──。

このたび解禁となった予告編は、ナンシー弁護士(ジョディ・フォスター)と助手のテリー(シャイリーン・ウッドリー)が9.11同時多発テロの勧誘担当者だったといわれるモハメドゥ(タハール・ラヒム)が収監されているグアンタナモ収容所を訪ねるところから始まる。

3年間拘束され、無実を訴えるモハメドゥの代理人になるナンシー。一方、テロの再発を恐れるアメリカ合衆国はモハメドゥを必ず死刑に、とスチュアート中佐(ベネディクト・カンバーバッチ)に厳命する。真実を明かすべく双方の闘いが始まる。

しかし、政府から与えれた資料は多くが黒塗りで塗りつぶされ、全く真相が掴めない。ナンシーは政府が証拠の提示を拒んでいると疑い、ナンシーの助言により、モハメドゥはアメリカ合衆国を訴える。

一方でステュアートも自分の知らないところで陰謀が動いていると困惑する。「まさか、合衆国が恐怖で私を支配するとは」と何故かボロボロのモハメドゥがつぶやく。「真実を知らないと弁護できない」とモハメドゥに訴えるナンシー。隠された真実とは・・・? 「暴かれたアメリカの闇」とは? アメリカ同時多発テロから20年。現代史の闇に隠れた真相が今、明らかになろうとしている。

作品情報

モーリタニアン 黒塗りの記録
2021年10月29日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

監督:ケヴィン・マクドナルド『ラストキング・オブ・スコットランド』 『消されたヘッドライン』
出演:ジョディ・フォスター、ベネディクト・カンバ―バッチ、タハール・ラヒム、シャイリーン・ウッドリー、ザッカリー・リーヴァイ
原作:モハメドゥ・ウルド・スラヒ「モーリタニアン 黒塗りの記録」(河出文庫)

2021年/イギリス/英語・アラビア語・フランス語/129分/ドルビーデジタル/カラー/スコープ/5.1ch/原題:THE MAURITANIAN/G/字幕翻訳:櫻田美樹 
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ

© 2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト kuronuri-movie.com 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事