人気TVシリーズ『SHERLOCK/シャーロック』でシャーロックの下宿の家主であるハドソン夫人を演じた英女優ユーナ・スタッブスが2021年8月12日に亡くなったことがBBCなどで報じられた。84歳だった。

Embed from Getty Images
「並外れた女優だった」「彼女のためのシーンを追加で書き足したほど」

ユーナはこの数か月体調が悪かったそうで、最期はスコットランドのエジンバラで家族たちに見守られながら旅だったという。二人の息子クリスチャン・ヘンソンとジョー・ヘンソンはともに映画業界の作曲家。

1937年にハートフォードシャーに生まれ、60年代からTVや映画に出演。60年代の『Till Death Us Do Part』、79年の『Worzel Gummidge』といった本国のTVシリーズ、映画は『太陽と遊ぼう!』(64)などが有名。

『SHERLOCK/シャーロック』のクリエイター、スティーヴン・モファットとマーク・ゲイティスは早速ユーナを追悼する言葉をSNSで発信。「並外れた女優だった」「彼女のためのシーンを追加で書き足したほど」とユーナの才能や人柄を偲んだ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事