世界の映画祭を席巻した衝撃のサバイバル・オデッセイ『MONOS 猿と呼ばれし者たち』の公開日が10月30日(土)に決定、シアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開となる。あわせて、ポスタービジュアル、フライヤービジュアル2種、予告編が解禁された。

「楽園なのか、戦場なのか―。」

前作『Porfirio』(11/日本未公開) がカンヌ国際映画祭監督週間に出品された新鋭アレハンドロ・ランデス監督の3作目は、南米・コロンビアで50年以上続いた内戦を下敷きにした物語だ。暴力の脅威にさらされ続けたコロンビアの歴史と、外界から遮断された世界で生きる少年少女兵の思春期のゆらめきを重ね合わせ、幻想的な世界観で描く。各国の映画祭で63部門にノミネートされ、その内サンダンス映画祭やBFIロンドン映画祭などで受賞。計30部門受賞の快挙となった。(2021/6/21時点、imdb調べ)

世間から隔絶された山岳地帯で暮らす8人の兵士たち。ゲリラ組織の一員である彼らのコードネームは“モノス”(猿)。「組織」の指示のもと、人質であるアメリカ人女性の監視と世話を担っている。ある日、「組織」から預かった大切な乳牛を仲間の一人が誤って撃ち殺してしまったことから不穏な空気が漂い始める。ほどなくして「敵」の襲撃を受けた彼らはジャングルの奥地へ身を隠すことに。仲間の死、裏切り、人質の逃走…。極限の状況下、“モノス”の狂気が暴走しはじめる。

出演するのは『キングス・オブ・サマー』の若手実力派で写真家としても活躍するモイセス・アリアス、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のジュリアンヌ・ニコルソン。アリアス以外のMONOSメンバーを演じたのは、コロンビア全土から集まった800人以上の中から選ばれた演技未経験の精鋭たち。アンデス山脈の高地で行われた過酷な訓練と演技オーディションを経て出演を果たした。さらに、実際のゲリラ組織「FARC」を脱退したことで賞金首となった過去をもつ元戦闘員が、MONOSの司令官であるメッセンジャー役を演じている。

あわせて、日本版のキービジュアルと予告編が解禁。ポスターは、美しさの中にも不穏さを感じさせるSFのようなビジュアルを大胆に採用。フライヤーは「楽園なのか、戦場なのか―。」というキャッチコピーに倣い《楽園版》《戦場版》の2パターンを制作。ジャンル不確定な本作の振り幅の大きさが表現された。

荘厳なティンパニの音色から始まる予告編では、MONOSたちが無邪気に戯れる寓話的な前半から一転、次第に狂気が暴走し、混沌さが増していく様子が切り取られている。音楽を務めたミカ・レヴィは、本作で数々の賞にノミネートされ、ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭とベルギーのゲント国際映画祭で受賞を果たした。

本作のオリジナルポストカード付き全国共通鑑賞券(税込1,500円)はシアター・イメージフォーラムとメイジャー・ネット通販にて好評発売中、全国の公開劇場でも順次販売予定だ。

前売特典ポストカード
作品情報

MONOS 猿と呼ばれし者たち
2021年10月30日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

監督・脚本・製作:アレハンドロ・ランデス 「コカレロ」「ポルフィリオ」 脚本:アレクシス・ドス・サントス 「21番目のベッド」
編集:ヨルゴス・モヴロプサリディス 「女王陛下のお気に入り」「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」「ロブスター」
音楽:ミカ・レヴィ 「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」
出演:モイセス・アリアス 「キングス・オブ・サマー」、ジュリアンヌ・ニコルソン 「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」

2019年/コロンビア=アルゼンチン=オランダ=ドイツ=スウェーデン=ウルグアイ=スイス=デンマーク/スペイン語・英語/シネスコ/5.1ch/102分/原題:MONOS/字幕翻訳:平井かおり 提供:ザジフィルムズ、インターフィルム 配給:ザジフィルムズ 協力:ラテンビート映画祭

© Stela Cine, Campo, Lemming Film, Pandora, SnowGlobe, Film i Väst, Pando & Mutante Cine

公式サイト:http://www.zaziefilms.com/monos/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事