1972 年に教会で行われた“ソウルの女王”アレサ・フランクリンの幻のライヴ映像を映画化した『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』が2021年11月5日(金)にDVDリリースされることが決定。同日にデジタル配信&DVDレンタルもスタートする。

“ソウルの女王”アレサ・フランクリン幻のコンサートフィルムが49年を経てついに蘇る!

2018年8月16日、惜しくもこの世を去った“ソウルの女王”アレサ・フランクリン。1972年ロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会で行われたライヴを収録したアルバム「至上の愛 ~チャーチ・コンサート~(Amazing Grace)」は、300万枚以上の販売を記録し大ヒット。史上最高のゴスペル・アルバムとして今も尚輝き続けている。このアレサが自らのルーツである“ゴスペル”を感動的に歌い上げた伝説的ライヴは、実はドキュメンタリー映画としても撮影されていた。長年の月日を経て、その感動的な夜がついに映像で蘇る。

当時29歳のアレサ・フランクリンは、すでにアルバムを20枚以上リリースしグラミー賞を何度も手にしていたが、カメラは彼女のシャイでナーバスな表情も逃さず捉える。しかし、コーネル・デュプリー(ギター)、チャック・レイニー(ベース)、バーナード・パーディ(ドラム)らとサザン・カリフォルニア・コミュニティ聖歌隊をバックに携え、ひとたび歌いだすと、神がかった歌唱と圧巻のパフォーマンスで会場を魅了。

ジェイムズ・クリーヴランド牧師の深いスピーチと歌声、著名な牧師であり公民権運動の活動家だったアレサの父親 C.L.フランクリン師による幼少期のアレサの思い出話などの貴重な映像も収録されている。アルバム発売の翌年に劇場公開される予定だった本作は、トラブルに見舞われ未完のまま頓挫。長年の月日とテクノロジーの発展が後押しし、ついに映画として現代に蘇った。

アレサの声に涙する人々、熱気に沸く教会。そこに実際にいるような臨場感が伝わってくる、音楽映画史に燦然と輝く名作として語り継がれること間違いなしのソウル史上屈指のライヴ・ドキュメンタリーだ。

リリース日である11月5日には、アカデミー賞🄬・グラミー賞W受賞のジェニファー・ハドソンがアレサ・フランクリンを演じる『ドリームガールズ』に続く、興奮と感動の音楽エンターテインメント『リスペクト』も公開決定。こちらも合わせてアレサ・フランクリンの魅力を堪能してほしい。

商品情報

『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』
2021年11月5日(金)DVD リリース/同日デジタル配信開始&DVDレンタル開始
DVD :¥4,180 (税込) GADS-2413
本編89分/片面・1 層/カラー/16:9LB(ビスタサイズ)
音声:①英語(ドルビーデジタル 5.1ch サラウンド)
字幕:①日本語字幕
映像特典:劇場予告編

発売・販売元:ギャガ
2018©Amazing Grace Movie LL

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事