『ドント・ウォーリー・ダーリン』が話題のフローレンス・ピューが、サイコスリラー映画『The Pack(原題)/ザ・パック』に出演することが決定した。『ノースマン 導かれし復讐者』のアレクサンダー・スカルスガルドが監督&共演を務める。米「Deadline」が報じている。

フローレンス・ピュー、アレクサンダー・スカルスガルド
https://www.flickr.com/photos/greg2600/, CC BY-SA 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0, via Wikimedia Commons
Thierry Sollerot from Vernon (Eure, Hte Normandie), FRANCE, CC0, via Wikimedia Commons
人里離れたアラスカの荒野に赴いたドキュメンタリー作家たちの物語

『The Pack(原題)』は絶滅寸前のオオカミを救うため、人里離れたアラスカの荒野に赴いたドキュメンタリー作家たちを描く。彼らは権威ある授賞式で再会することになるが、その作品の裏にはある秘密があった…という物語。

スカルスガルドはこれが長編監督デビュー作。スカルスガルドとピューは『リトル・ドラマー・ガール 愛を演じるスパイ』で共演したことがある。

本作は2023年3月に撮影開始予定。11月に開催される映画の見本市「アメリカン・フィルム・マーケット」で最も注目の一本になると言われている。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事