「スターチャンネルEX」にて独占日本初配信中の海外ドラマ『絶叫パンクス レディパーツ!』のクリエイターを務めるニダ・マンズールのインタビュー映像が解禁された。ムスリム全体を“邪悪な他者”として扱いがちな西洋社会をユーモアを交え痛烈に皮肉った、作品オリジナル楽曲「ヒジャブの下のヴォルデモート」の制作秘話などが明かされている。

映像の後半では、劇中の“レディパーツ”メンバーが本曲のリハーサルに臨む姿も

ロンドンを舞台にムスリム(イスラム教徒)女性だけで構成したパンクバンド“レディパーツ”が繰り広げる笑いと涙のドタバタを描いた青春音楽コメディ『絶叫パンクス レディパーツ!』(全6話)が字幕版・吹替版ともに「スターチャンネルEX」にて独占日本初配信中(あわせて「BS10 スターチャンネル」でも6/5(日)の吹替版第1話の先行無料放送に続いて、字幕版は6月13日(月)、吹替版は6月15日(水)より初放送がスタート)。

今回解禁された映像の前半は、世界最長のSFドラマ・シリーズとして知られる『ドクター・フー』の新鋭脚本家として注目され、自身もパキスタン系ムスリム家庭出身である本作のクリエイター(監督・脚本を担当)、ニダ・マンズールのインタビュー映像。

彼女は、先日発表された今年の英国アカデミー賞(BAFTA)テレビ部門で初ノミネートにして見事、脚本賞を受賞した。実の兄弟であるシェズ・マンズールと共同で作品オリジナル楽曲「ヒジャブの下のヴォルデモート」を制作し、自身お気に入りの楽曲だというニダは、「ムスリム女性が直面する現状を的確に表していると思う。邪悪な他者としてムスリム全体が“悪”という疑いの目で西洋社会から見られている。それを打ち消す楽しい方法がこの歌詞。“ヴォルデモートは生きていてヒジャブの中にいる”」と語る。ムスリム女性が着用しているヒジャブと、『ハリー・ポッター』シリーズの悪役、ヴォルデモートを組み合わせ、ユーモアと皮肉を盛り込んだ痛快な内容だ。

映像の後半では、劇中の“レディパーツ”メンバーが本曲のリハーサルに臨む姿が収められている。本日配信開始の第3話で「ヒジャブの下のヴォルデモート」は初お披露目となる。本作では俳優陣が練習を重ね、実際に演奏している音楽や歌詞にも面白い小ネタが盛り沢山となっている。

作品情報

絶叫パンクス レディパーツ!
(全6話)

【配信】 「スターチャンネルEX」
<字幕版・吹替版>毎週月曜1話ずつ更新
作品ページ:https://ex.star-ch.jp/special_drama/fZ784
【放送】 BS10 スターチャンネル
<STAR1 字幕版>6/13(月)より毎週月曜23時~ほか
<STAR3 吹替版>6/15(水)より毎週水曜22時~ほか
※6/5(日)16時~ 吹替版 第1話 STAR1で先行無料放送
公式ページ:https://www.star-ch.jp/drama/weareladyparts

STORY
婚活に勤しむマジメな理系学生のアミーナはある理由からギターの腕前を隠していたが、ひょんなことからその才能がバレてしまい、自分とは正反対のタイプの女性たちが集まったパンクバンドのリーダーから熱烈な勧誘を受ける。ある条件を前提にリードギターとして渋々バンドに加わることになったアミーナだったが、次第に自分らしく生きることの素晴らしさに気付き輝いていく…。

【監督・脚本】ニダ・マンズール(『ドクター・フー』)
【製作総指揮】ティム・ビーヴァン&エリック・フェルナー(『ブリジット・ジョーンズ』シリーズ、『ラブ・アクチュアリー』)ほか
【出演】アンジャナ・ワサン、サラ・カミーラ・インピー、ジュリエット・モタメド、フェイス・オモーレ、ルーシー・ショートハウス ほか

© WTTV Limited 2021. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事