米国ナショナルジオグラフィック協会が公認するナショナル ジオグラフィック エクスプローラー(ナショジオ エクスプローラー)の取り組みを紹介する「THE SPARK:WHERE EXPLORERS BEGIN (ザ・スパーク:探求の旅へ)」が2021年10月9日(土)と10月16日(土)20時よりナショジオ公式YouTubeチャンネルで配信されることが決定した。

すみれとアイクぬわらがアルバート・リンとバーチャル空間で対話!

「THE SPARK:WHERE EXPLORERS BEGIN (ザ・スパーク:探求の旅へ)」とは、ディズニーとナショナル ジオグラフィック協会との合弁会社であるナショナル ジオグラフィックパートナーズ LLC(本部:ワシントン D.C.)が、世界中のナショジオ エクスプローラーの取り組みを紹介する中、日本のナショナル ジオグラフィックが独自に企画するプロジェクト。

今回の配信では、最先端のハイテク技術を駆使し、謎に包まれた伝説の都市や古代遺跡を調査。歴史を塗り替える数々の新発見を成し遂げ、今世界のメディアが注目するナショナル ジオグラフィック エクスプローラーの探検家・科学者であるアルバート・リンの素顔と探求の世界に迫る。

ナビゲーターとして、多様な文化や価値観に触れてきたすみれとアイクぬわらが登場。米国と日本をリアルタイムでつなぎ、ハリウッドでも使われはじめている次世代の撮影手法(IN-CAMERA VFX)で、ダイナミックで没入感のある探求の旅へ視聴者をいざなう。

アルバート・リンを突き動かすものは何なのか?その原動力とは?冒険心・探求心の大切さ、そして感情を揺さぶる悠久の歴史を紐解く、数々の物語を解き明かしていく。配信を前に、3つの見どころをご紹介!

1
革新的なアプローチ!テクノロジーと考古学の融合

アルバート・リンが用いるハイテク技術は、ドローンはもちろん、地中レーダー探査、LiDAR(光を用いたリモートセンシング技術)、AR(拡張現実)、ヒューマン コンピュテーション ネットワーク(クラウドソーシング)など多岐にわたる。THE SPARK では、本人の解説を交えながら、歴史を塗り替えるような数々の新発見を成し遂げてきたチンギス・ハーンや秦の始皇帝の謎、また失われた中世の要塞や密林に隠されたマヤ文明の真実などに迫る。

大事故により右足を切断…悲しみから克服できた理由とは?

5年前、アルバート・リンは大きな交通事故に見舞われ、長い入院生活の後、右足を失うことに。新たな決断の先に待っていたのは、痛み、落ち込み、そして些細な日常生活を改めて再構築しなければいけないこと…。それでも前を向き歩き続けるその姿には、人間誰もが直面する問題点にどう立ち向かうのか?そしてどう克服するのか?という大きなヒントが隠されている。

最新の撮影方法により、新たな可能性を視聴者にお届け

リアルタイムで描画されるCG映像がカメラの動きと連動してLED投影される、現在映像業界で注目を集めているINCAMERA VFXに加え、今回は日本とロサンゼルスを繋げてのリアルタイム伝送を組み合わせた新たな映像表現に挑戦。ジャングルや砂漠の世界など、探検家アルバート・リンが実際に体験した世界をこの新しい映像手法によって、よりリアリティーがあり、没入感のあるダイナミックな映像で視聴者を探求の旅にいざなう。

アルバート・リン (Albert Yu-Min Lin)
探検家・科学者 / カリフォルニア大学サンディエゴ校 研究科学者

ナショナル ジオグラフィック協会所属の探検家として数々の賞を受賞し、カリフォルニア大学サンディエゴ校の科学者、企業家、映画・テレビのストーリーテラーとして活躍するアルバート・リン。「ハイテク探検家」として知られ、モンゴル高原からグアテマラのジャングルまで世界の僻遠の地に先進技術を持ち込み、歴史上の人物や文明の謎を調査し探検の新時代を築く。

衛星画像、ヒューマン コンピュテーション ネットワーク(クラウドソーシング)、ドローン、地中レーダー探査、LiDAR(光を用いたリモートセンシング技術)、AR(拡張現実)を用いてチンギス・ハーンの墓やグアテマラのマヤ遺跡、中国の始皇帝陵の調査を行う。

更なる考古学研究・調査のため、アルバートはナショナル ジオグラフィックと共に、衛星画像を収集し分析するクラウドソーシングのプラットフォームを開発。その後、民間企業と共にクラウドソーシング・ウェブサイト「Tomnod」を立ち上げる。数百万に及ぶ学術調査や研究、そして人道支援や環境保護に活用される。事故で右脚を失い、義足で暮らすアルバートは近年、バイオニック(生体工学)に取り組んでいる。

2009年にナショナル ジオグラフィック アドベンチャラー・オブ・ザ・イヤーを受賞した他、数々の実績がワシントンポスト、BBC、 ABC ニュース、ハーバード・ビジネス・レビューなどで取り上げられる。ナショナル ジオグラフィックの番組「発掘!マヤの失われた秘宝」「チンギス・ハーンの墓を求めて」「仰天!世界の遺跡まる見え検証」などでホストを務める。

<アルバート・リンより、視聴者の皆さんへメッセージが到着!>

私たちが「ザ・スパーク」で伝えようとしている主要なメッセージは、「探検家はあなたの中にいる」ということだと思います。それは私たちみんなの中、心の中、DNAの中に存在しているのです。そして、「スパーク/火花」というのは、燃料に火をつけ、私たちの内なる炎を起こすことです。しかし、その炎はすでに燃えています。それがあなたの好奇心です。好奇心と目的が結びつくと、さらに先へ、さらに遠くへ、既知の世界を越えたところへ進むことができます。それが人間の原動力となってきました。

しかし、その行動には責任が伴います。私たちは将来に目を向け、こう言わなければなりません。私たちはこの世界をよりよい場所にしたい、この世界に住むすべてのものと共存していきたいのだと。ですから私にとって「ザ・スパーク」は、人間としての基本的な姿の一部であるといえましょう。このショーが他の人にも少しでもインスピレーションを与え、自分の中の炎を見つけるのに役立てられれば、世界はよりよい場所になっていくでしょう。その火、人類の持つその火、善意と目的を持った好奇心こそが、この世界をよりよい場所に変えることができるからです。

すみれ
東京都出身、ハワイ育ち。
米・カーネギーメロン大学演劇科に進学した後、2011年、女優・歌手として本格的に活動を始める。2014年、ドラマ「HAWAII FIVE 0」で全米ドラマデビューし海外にも活躍の場を広げ、2015年 にロサンゼルスで開催された「アジアワールドフィルムフェスティバル(英語: Asian World Film Festival)」において ライジング・スター賞(新人賞)を受賞。

2017年には映画「アメイジング・ジャーニー 神の小屋より」でハリウッド映画デビューを果たす。ミュージカル、テレビ等で幅広く活躍。

≪ レギュラー番組 ≫ ※2021年現在
NHK-E テレ「エイゴビート2」
Tokyofm KOSE FIND my BEAUTY powered by@cosmeTOKYO
毎週日曜日 9:00~9:30

アイクぬわら
アメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタン出身ワシントン州シアトル育ち。ITやエンジニア関係を学ぶためワシントン州の私立工科大学入学。2年飛び級し20歳で卒業。日本でお笑い芸人になるという夢を持って大学卒業1週間後に来日。

外資大手証券会社ゴールドマン・サックスでデータセンターエンジニアとして勤務を経て、2011年にオーディションを勝ち抜き「超新塾」に加入。

≪ レギュラー番組 ≫ ※2021 年現在
TX「おはスタ」<毎週(月)~(金)> ※レギュラーMC
CX「Love music」<毎週(日)> ※ナレーション担当
NHK E テレ「高校講座数学Ⅰ」※ナレーション担当
NHK ラジオ「小学生の基礎英語0」

<すみれ&アイクぬわらへインタビュー!>

――今回、アルバートさんのこれまでの探検・冒険の世界へ一緒に旅をされて(ご覧になられて)いかがでしたか?
アイクぬわら:アメリカから日本にやってきたことが僕の中では冒険ですけど、日本にいたままでテクノロジーを使っていろんな国に冒険が出来るというのは、すごすぎるんですよね!お腹いっぱいですよ、良い意味で(笑)これからどんどんテクノロジーが進化したら、どこまでいけるのか?宇宙まで行けるんじゃないか?アルバートさん本当にすごいなと思います。
すみれ:本当にアルバートさんのパッションや思いがすごく伝わりましたし、最新技術で一緒の場所に立って冒険をすることが現実になって驚きです。スクリーンで日本とアメリカを繋げることがこれからも出来るのではないかなと期待しています。

――「ザ・スパーク」を楽しみにしているファンの皆様へ、メッセージをお願いします。
アイクぬわら:とりあえず、とんでもないテクノロジーが出来たので心の準備をしておいてください。まじで驚きます。最新すぎて、本当に驚きますから楽しみにしてほしい。このテクノロジーで家にいるだけで冒険が出来るので本当に素晴らしいです。
すみれ:楽しく見ながらもすごく勉強になるという良さがあるので、ただぼーっとテレビを見るより、テレビを見ながら勉強も出来る、自分磨きが出来るという意味でも素敵だなという番組です。本当にこの技術も是非日本の皆様に見てもらいたいですし、アルバートさんの冒険を見たら感動すると思います。

番組概要

「THE SPARK:WHERE EXPLORERS BEGIN (ザ・スパーク:探求の旅へ)」

■エピソード1:探検の新たな黄金時代 > 10月9日(土)20:00~
バーチャル空間に足を踏み入れたすみれとアイクは、密林の中でアルバート・リンに出会い、現実には米国にいるアルバートの案内で冒険の旅が始まる。最初の訪問地は、中南米。ジャングルに埋もれた約 3000 年前に栄えたマヤ文明の古代遺跡群は、LiDAR(ライダー)と呼ばれるハイテク調査により、驚きの事実が判明。続く舞台は中東。中世の騎士修道会「テンプル騎士団」の拠点とされているイスラエルの港湾都市アッコは、現在は地下施設の一部が残されている以外、多くの謎に包まれたまま。港にあったとされる要塞の一部を調査し、AR(拡張現実)により巨大な構造物を再現することでテンプル騎士団の秘密に迫る。3番目の旅はモンゴル。13世紀にユーラシア大陸に巨大帝国を築き、支配したチンギス・ハーンの墓がどこにあるのかは歴史上の謎。アルバートは高詳細な衛星画像をネットにアップし、ヒューマン コンピュテーション ネットワーク(クラウドソーシング)で多くの人々から得たデータをもとに広大なモンゴルの山々を捜索し、チンギス・ハーンの墓と思われる証拠をつかむ。

【10 月 9 日(土) 20 時配信開始】
探検家 アルバート・リン - THE SPARK エピソード 1「探検の新たな黄金時代」

■エピソード2:探検家として生きる > 10月16日(土)20:00~
ナショナル ジオグラフィック エクスプローラー、アルバート・リンの波乱に満ちた探検人生を振り返り、人間がもつ無限の可能性に迫る。米国カリフォルニア大学サンディエゴ校で工学博士の博士号を取得したアルバートは、祖父のルーツにあたるというモンゴルの地に旅立つ。その経験が探検家としてのキャリアのスタートだった。チンギス・ハーンの墓を調査するプロジェクトを終えた後、彼は紀元前に中国全土を統一した秦の始皇帝の謎に迫る。

巨大な始皇帝陵から見つかったのは、8,000 体もの「兵馬俑」と呼ばれる始皇帝を永遠に守る等身大の兵士の像。しかしその造形は当時中国にあったものとは明らかに異なっていた。発掘された当時の頭蓋骨のデータから、世界史を覆すような事実を発見する。一方、中国から帰国したアルバートを不幸な事故が襲い、片足を失ってしまう。探検家生命は終わってしまうのか?肉体と精神、そして科学技術の限界を超えて人間が持つ可能性を深く探求する。

【10 月 16 日(土) 20 時配信開始】
探検家 アルバート・リン - THE SPARK エピソード 2「探検家として生きる」

★詳細は公式サイトへ: https://natgeotv.jp/special-contents/thespark/

さらにアルバート・リンがホストを務める番組の数々を特集放送!

ナショナル ジオグラフィックTVでは10月9日(土)より毎週土曜日の土曜ミステリーファイル枠にて、伝説の都市や古代遺跡の調査など、いくつもの歴史的発見の快挙を遂げたアルバート・リンがホストを務める番組の数々を特集放送!

(C)National Geographic
番組情報

土曜ミステリーファイル:アルバート・リン 古代の謎に迫る
10/9(土)より 毎週土曜23:00~25:00

ナショナル ジオグラフィック エクスプローラーで探検家・科学者でもあるアルバート・リン。彼はLiDAR(光を用いたリモートセンシング技術)や AR(拡張現実)などハイテク技術の力を借りて、遠い昔に存在したはずの伝説の都市や古代遺跡など、多くの謎に包まれた歴史の真実を紐解いてきた。テクノロジーと考古学の融合といった革新的なアプローチで解き明かすのは、始皇帝やチンギス・ハーンの墓の謎、また失われたインカの空中都市やマヤ文明の真実など数えきれない。彼を突き動かすものは何なのか? その原動力とは? ナショナル ジオグラフィック エクスプローラー アルバート・リンから見えてくる冒険心・探求心の大切さ、そして感情を揺さぶる悠久の歴史を紐解く数々の物語をお届けする。

▼放送タイトル▼
解明!聖書に秘められた太古の謎(2 話連続放送)
10/9(土) 23:00~25:00
チンギス・ハーンの墓を求めて
10/16(土) 23:00~24:00
仰天!世界の遺跡まる見え検証「インカの空中都市 マチュピチュの起源」
10/16(土) 24:00~25:00
マヤ文明 密林に隠された真実
10/23(土) 23:00~24:00
仰天!世界の遺跡まる見え検証「太平洋に浮かぶ石の古代都市」
10/23(土) 24:00~25:00
始皇帝陵の暴かれた真実
10/30(土) 23:00~25:00
解明!聖書に秘められた太古の謎(2 話連続放送)
11/6(土) 23:00~25:00

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事