1964年の東京オリンピックで金メダルに輝いた女子バレーボール・チームを追ったドキュメンタリー映画『東洋の魔女』が、2021年12月11日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開することが決定した。また、公開決定にあわせて、バレーボール・ブームを作ったアニメ『アタックNo.1』の主人公・鮎原こずえと“魔女たち”がコート上で躍動する姿を描いたポスタービジュアルが解禁となった。

何故あれほどまでに、日本は彼女たちに熱狂したのか?

記憶に新しい2021年夏、2度目の東京オリンピック。その57年前の1964年10月。高度経済成長を間近に控えたこの時期に、戦後復興の象徴として日本で最初のオリンピックが開催された。柔道、体操、レスリング、次々にメダルを獲得していく日本人の姿を見て、国民たちは熱狂した。

なかでも、圧倒的な実力を見せたのが女子バレーボール代表だった。日本チームを率いるのは、インパール作戦に従軍し、死地を潜り抜け奇跡の生還を果たした大松博文、通称「鬼の大松」。メンバーの大半は紡績工場で働く工員で、連日深夜まで大松による徹底的な特訓を受ける生活を送り、次第に世界から「東洋の魔女」と恐れられるようになった。

彼女たちはオリンピックでも圧倒的な強さで勝ち進み、決勝で最大のライバル・ソ連代表と相まみえた。彼女たちは秘密兵器「回転レシーブ」と「無回転サーブ」を武器に、圧倒的な体格を誇るソ連代表を追い詰めていく。そして、全国民が固唾を呑んで見守るなか、その時が訪れた。

1964年10月23日20時55分、世紀の金メダルポイント――この時、日本の人口は約97,000人と、1億人に達しようとしていた。さらにはミッチー・ブームの影響もあって白黒TVの普及率がピークに達し、87.8%もあった。最も驚くべきはTV視聴率であり、ソ連戦の最高視聴率は95%、平均しても66.8%に達していたと言われている。

この勝利は、まさに当時の日本国民全員が目撃した瞬間であり、戦争の影を引きずる日本に再び自信と誇りをもたらしたのだった。また、その熱狂はその後、空前のママさんバレー・ブームを引き起こし、『アタックNO.1』や『サインはV!』をはじめとする、「スポ根」ジャンルの興隆へと繋がっていった。

そんな彼女たちも今や80代に差し掛かっている。「魔女」、「スパルタ」、「鬼の大松」…仰々しい言葉とともに語られてきた彼女たちが、自らの口で、その思い出を語り始める。

今なお、若々しく人生を謳歌する“魔女たち”の姿を撮影したのは『誰も知らない』(04)などで知られる名カメラマン・山崎裕。監督は『オリンピア52についての新しい視点』(13)や『完璧さの帝国』(18)といったフッテージ・ドキュメンタリーで高い評価を得てきたフランスの奇才ジュリアン・ファロ。

市川崑の『東京オリンピック』(65)からカンヌ映画祭グランプリ作品『挑戦』(63)、さらにはアニメ『アタック NO.1』(69-71)や戦後日本の風景までをふんだんに織り交ぜ、単なるノスタルジーに収まらない新たな「東洋の魔女」像を浮き彫りにしていく。「東洋の魔女」が真に成し遂げたものとは何だったのか? 何故あれほどまでに、日本は彼女たちに熱狂したのか? その秘密が今、解き明かされる…!

作品情報

東洋の魔女
2021年12月11日(土)より、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

監督・脚本:ジュリアン・ファロ
プロデューサー:ウィリアム・ジェアナン
撮影:山崎裕 編集:アンドレイ・ボグダーノフ
録音:レオン・ルソー 音楽:ジェイソン・ライトル、K-Raw
ラインプロダクション:ドキュメンタリージャパン、橋本佳子、角田良子
[2021年/100分/ドキュメンタリー/DCP/フランス]

原題: Les Sorcières de l’Orient

配給:太秦 宣伝協力:スリーピン 

©UFO Production

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事