ディズニー・ロシアによる「異世界」エンターテインメント『ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣』の予告編&ポスタービジュアルが解禁された。『ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣』は11月26日(金)より 、『ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師』は12月3日(金)より、2作連続全国ロードショーされる。

人間界でペテンを働く男が異世界の王国に転移し、王国の危機を救う救世主に⁉

アニメやライトノベル等で空前の人気を誇る「異世界転生・転移」作品。本作は、人間界でペテンを働く男が異世界の王国に転移し、王国の危機を救う救世主に祭り上げられるアクション・アドベンチャー。

バーバ・ヤーガやヴォジャノーイ等おとぎ話や伝説のキャラクターも多数登場。ディズニー・ロシアによるファンタジーに彩られた世界観と、最先端のVFXを駆使した映像は、ロシアのアカデミー賞と称されるゴールデン・イーグル賞においてメークアップ賞と特殊効果賞を受賞。まさに、異世界ものの王道を映像化したエンターテイメント作品に仕上がっている。

第1章は、ロシア公開時に第1位を獲得し大ヒットを記録。続く第2章も第1位を獲得し、ロシア本国でシリーズの圧倒的な人気を確立。そして、待望の第3章が今年の12月にロシアで公開を控えている。

天涯孤独の身で、人々を騙しながら生きてきたイワン。そんな男が異世界ベロゴリア王国を救う最後の希望となる。しかし、王国の存亡にはこれっぽっちも興味無し。イヤイヤながらも冒険の旅へと出発するが―。第1章では、人間界のペテン師が異世界転移で勇者となるかが描かれる。第2章では、平和を取り戻したベロゴリア王国。しかし、新たなる危機はすぐそこに迫っていた。再来した魔女ヴァルヴァラを従えるのは、まさかの人物。イワンたちは再び冒険の旅へと出発するが―。チート能力を手に入れ異世界の危機を救えるかが描かれる。

このたび解禁された第1章の予告編では、「光の魔術師」と名乗り、口先だけで生きてきたペテン師のイワンが、突然、魔法の国・ベロゴリア王国に転移してしまう場面から始まる。

実は勇者イリヤの息子だったイワンは王国を救う為、魔法使いや戦士など仲間を見つけ、王国を救うカギとなる「魔法の剣」を探す冒険の旅に仲間たちと共に繰り出す。しかし、イワン達が王国を救うのを阻止しようとする反対組織との命運を賭けた壮絶な戦いが繰り広げられ、人間界からやって来た魔法スキルなしのイワンは大ピンチを迎える。

果たして、イワンは魔法の剣によって王国を救い、勇者となることができるのか―!? 壮大なベロゴリア王国の風景と、様々に繰り出される魔法の数々に、ちょっと笑えるコメディ要素も交えつつ描かれる、ディズニー・ロシアによる史上空前のファンタジーアドベンチャー超大作に期待が高まる予告編となっている。

あわせて解禁されたポスタービジュアルでは、主人公イワンが魔法の剣とスマートフォンを手にニヤリと笑みを浮かべる表情の他、魔法使いや、戦士、半魚人や火吹き竜など、ベロゴリア王国の住人達がイワンを取り囲むように描かれている。「人間界のペテン師が異世界転移で勇者となるか?!」というコピーの通り、突然魔法の国に転移してしまったイワンは、異世界で活躍し勇者となることができるのか!?

作品情報

ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣
ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師
第1章は2021年11月26日(金)より、第2章は12月3日(金)より2作連続全国ロードショー

出演:ヴィクトル・ホリニャック、ミラ・シヴァツカヤ、エカテリーナ・ヴィルコワ、コンスタンチン・ラヴロネンコ「ワールドエンド」、エレナ・ヤコブレワ、セルゲイ・ブルノフ       
監督:ドミトリー・ディアチェンコ/脚本:ヴィタリー・シュリャッポ、ドミトリー・ジャン、ワシリー・クツェンコ、パヴェル・ダニロフ、イゴール・トゥドヴァセフ/音楽:ジョージ・カリス「ガガーリン 世界を変えた108分」

※上記は共通

≪1章≫撮影:セルゲイ・トロフィモフ「ワールドエンド」「ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR」/≪2章≫撮影:パヴェル・カピノス

≪第1章≫ 2017年/ロシア映画/ロシア語/114分/シネスコ/5.1ch/字幕:中沢志乃/映倫G/原題:The Last Warrior/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム ⒸDisney 2017 ⒸYBW Group 2017

≪第2章≫ 2021年/ロシア映画/ロシア語/121分/シネスコ/5.1ch/字幕:中沢志乃/映倫G/原題:The Last Warrior: Root of Evil/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム ⒸDisney 2020 ⒸYBW Group 2020

公式サイト elogorie.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事