スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリの素顔に迫ったドキュメンタリー映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』の本編映像の一部が解禁された。摂食障害になっていたというグレタの幼少期と現在に至るまでの成長を、母が涙ながらに明かすシーンだ。

「他人と一緒に食事できるようになるなんて、夢のようだ」

本作は2019年のフォーブス誌にて“世界で最も影響力のある女性”に選出、同年のタイム誌でも“今年の人”として紹介された、世界でもっとも有名な若き環境活動家グレタ・トゥーンベリの素顔に迫ったドキュメンタリー映画。

気候問題に関する専門的知識と揺るぎない覚悟を持ち、国連総長アントニオ・グテーレスやフランスのマクロン大統領、ローマ教皇など世界のリーダーらと議論を重ねていく様をもっとも身近なところで寄り添うように捉えていくと同時に、世界から注目を集める1年以上前から彼女に密着し、犬や馬と戯れるリラックスした姿のほか、アスペルガーの症状について冷静に自身で分析する姿、重圧と向き合い葛藤する姿、彼女の様々な行動を支える家族の姿も映し出していく。

このたび解禁されたのは、グレタと母・マレーナが共にお菓子作りをしながら、グレタが摂食障害になった頃について涙ながらに話す場面。

彼女は、8歳の頃に学校の授業で世界中の海に浮かぶプラスチックごみがテーマの映画を見たことをきっかけに塞ぎこむようになり、食事もまともにとれなくなった。のちに彼女はアスペルガー症候群、強迫性障害と診断された。マレーナは当時の様子について明かし、世界の若者に影響を与える姿にまで成長した彼女について「他人と一緒に食事できるようになるなんて、夢のようだ」と嬉しそうに涙を浮かべる。

そんな母親を見て、笑顔を見せるグレタの姿は、“怒りのスピーチ”からは想像がつかない素顔であり、日々地球のために発信し続けるグレタにも、当然のように安らげる場とおだやかな日常が存在することに安心する映像だ。

ネイサン・グロスマン監督も彼女について「アスペルガー症候群で率直に自分を表現するグレタのような人物が、この活動のアイコンになれるなんて本当に素晴らしいこと」と語り、2019年には本人もSNSで「アスペルガーは病気ではなく、1つの才能。アスペルガーではなかったら、こうして立ち上がることはなかっただろう」と語っている。

グレタが学校を休んでストライキをすることに否定的な声や、娘をそそのかしたのではないかと非難されることも多いグレタの家族。しかし、本編を見れば何も食べられず話せなかった状態から驚くほど回復し、現在の状態に至るまで、彼女の希望を尊重し、どれほどサポートしてきたかがさらによく理解できるだろう。

彼女が伝えたいことは何なのか。彼女は世界から注目される状況をどう感じたのか。私たちはこれからその思いにどのように向き合い、生きるべきか。SDGsへの関心が高まる今だからこそ、知りたい。爽やかな余韻の中に深く思いを巡らせるドキュメンタリー『グレタ ひとりぼっちの挑戦』は、10月22日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。

作品情報

グレタ ひとりぼっちの挑戦
2021年10月22日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開

2018年8月、気候変動に対する政府の無関心に抗議するため、15歳のグレタはたったひとりでストックホルムにある国会議事堂前に座り込み、学校ストライキを始めた。自作の看板を掲げ、リーフレットを配りながら通行人の質問にも丁寧に答えるグレタ。毎週金曜日に行っていたこの行動は「Fridays For Future(未来のための金曜日)」と名付けられ、世界中の若者たちにも次第に浸透。たったひとりで始めたストライキは、数か月のうちに国内外へ広がる一大ムーブメントになっていった。その後、2019年にニューヨーク国連本部で開かれた気候行動サミットで涙ながらに強く訴えたスピーチでグレタはさらに世界的な注目を浴びる存在となっていく……。

出演:グレタ・トゥーンベリ、スヴァンテ・トゥーンベリ、アントニオ・グテーレス、エマニュエル・マクロン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ドナルド・トランプ
監督・脚本:ネイサン・グロスマン  製作:セシリア・ネッセン、フレドリク・ハイニヒ  編集:ハンナ・レヨンクヴィスト、シャーロット・ランデリウス
音楽:レベッカ・カリユード、ヨン・エクストランド  脚本:ペール・K・キルケゴー、ハンナ・レヨンクヴィスト

2020年/スウェーデン/ドキュメンタリー/101分/ビスタ/5.1ch/原題:I AM GRETA 日本語字幕:石塚香

配給:アンプラグド 

© 2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.

公式サイト:greta-movie.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事