2019年、第24回釜山国際映画祭のクロージングを飾り、2020年には韓国のアカデミー賞ともいえる青龍映画賞で最優秀監督賞と脚本賞をW受賞した話題の韓国映画『ユンヒへ』の日本版ビジュアルが解禁された。冬の小樽の背景にした、美しくもミステリアスなデザインに仕上がっている。

「あなたと出会ったから、私は自分が誰なのか知ることができた」

本作は、韓国の地方都市で暮らすシングルマザーのユンヒが、長い間、連絡を絶っていた初恋の女性から一通の手紙を受け取ったことから始まるラブストーリー。

母の手紙を盗み見てしまった高校生の娘セボムは、自分の知らない母の姿をそこに見つけ、手紙の差出人である日本人女性ジュンに会わせようと決心をする。セボムに強引に誘われるかたちで、ジュンが暮らす北海道・小樽へ旅立つユンヒ。それは、二十年前の自分と向き合う、心の旅でもあった――。

監督は、本作が長編2作目となる新鋭のイム・デヒョン。東アジアにおける中年女性達の同性愛と、彼女たちが経験してきた抑圧を真摯に描き出し、多くの映画ファンや評論家達から高い評価を受けた注目作だ。

このたび解禁された日本版ビジュアルの「あなたと出会ったから、私は自分が誰なのか知ることができた――」というキャッチコピーは、今は遠い土地で暮らすジュンがユンヒに宛てて書いた手紙の中にある一節。

本作の舞台である小樽の美しい冬景色を背景に、ユンヒ(キム・ヒエ)とジュン(中村優子)が背中合わせに立つが、ふたりは互いに視線を交わすことはない。

韓国と小樽でそれぞれの人生を生きてきたふたりは、長い間会うことも、言葉を交わすこともなく、真実を心の中に閉じ込め続けてきたのだ。また、凛とした冬の空気が伝わってくるような静かな街並みからも、彼らが抱えてきた葛藤や心の空白が読み取れ、切なくも印象的なデザインに仕上がっている。

劇中、登場人物達による心に残るセリフの数々が印象的な本作。韓国語だけでなく日本語に対しても深いこだわりを持つデヒョン監督は、主人公の名前の日本語表記の仕方について、発音ではなく漢字で表記した際の意味に忠実でありたいという意図に基づき、“ユンヒ”にしたいと強く希望。ユンヒは漢字では“潤熙”と表記し、輝きと豊かさを意味する。潤の字は“じゅん”と読めることから、ふたりの名前の上でのつながりをほのめかすものにもなっている。

また、「ユンヒという名前は、母親が若い頃に使っていた名前なのです」と明かした監督は、「ユンヒのキャラクターを作るうえで、母から多くのインスピレーションを受けました」とも語っており、監督にとって思い入れの強い名前といえるだろう。

またイオンシネマ小樽での凱旋上映も決定(2022年1月7日・金より)。韓国では“満月団”と呼ばれる熱狂的なファンを生み出した本作は、冬の日本でも熱い盛り上がりを見せるだろう。

『ユンヒへ』は2022年1月7日(金)シネマート新宿ほか全国公開。

作品情報

ユンヒへ
2022年1月7日(金)シネマート新宿ほか全国ロードショー

<STORY>高校生の娘を持つシングルマザーのユンヒのもとに、いまは韓国を離れて北海道・小樽で暮らす友人から1通の手紙が届いた。もう20年以上も連絡を絶っていた2人には、互いの家族にも打ち明けていない秘密があった…。

監督・脚本:イム・デヒョン 出演:キム・ヒエ(『密会』「夫婦の世界」)、中村優子(『野火』)、キム・ソへ(元I.O.I)、ソン・ユビン(元B Of You)、木野花、瀧内公美ほか
2019年/韓国/ビスタ/カラー/105分/5.1ch/原題:윤희에게

配給:トランスフォーマー 協力:loneliness books

©2019 FILM RUN and LITTLE BIG PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事