人気ドラマ『GIRLS/ガールズ』でクリエイターと主演を務めたレナ・ダナムが監督を務める新作『キャサリン、コールド・バーディ(原題:Catherine, Called Birdy) 』に『女王陛下のお気に入り』のジョー・アルウィンと『1917 命をかけた伝令』のディーン=チャールズ・チャップマンが参加する。米Deadlineなどが報じている。

Embed from Getty Images

ジョー・アルウィン

Embed from Getty Images

ディーン=チャールズ・チャップマン

『キャサリン、コールド・バーディ』は13世紀イングランドを舞台にした同タイトルの歴史YA小説の映画化。親の決めた結婚に逆らい、自立しようとする14歳の少女キャサリンの冒険が描かれる。

ヒロイン役には『ゲーム・オブ・スローンズ』の英国女優ベラ・ラムジー。ジョー・アルウィンは彼女のおじ役、ディーン=チャールズ・チャップマンは彼女の兄を演じるという。

映画は現在制作中。今のところ公開日は未定となっている。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事