11月12日(金)より、東京都町田市の109シネマズグランベリーパークのシアター1(216席)に、109シネマズオリジナル規格のプレミアムサウンドシアター「SAION(サイオン)」が導入されることが決定した。

「SAION」の導入と2周年を記念してスペシャルプログラム上映も実施

「SAION(サイオン)」は、ジャンルを超えて多彩な音表現を可能にする109シネマズオリジナル規格のプレミアムサウンドシアター。アクション、ドラマ、ファンタジー、アニメなどの映画はもちろん、ミュージックライブや演劇・歌舞伎などの舞台作品、さらには様々なスポーツなど、各コンテンツの個性にあわせ、音を理想的にチューニングすることで作品の魅力を最大限に引き出す。

またプレミアムサウンドシアター「SAION」の導入と、まもなく2周年を迎えることを記念し、109シネマズグランベリーパークではスペシャルプログラム上映を実施。『サウンド・オブ・メタル』など、良質な映像とサウンドが話題のプレミアムな4作品がラインナップされている。作品と上映スケジュールは以下の通り。

「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! THE LIVE 2021!!!」
11月23日(火・祝)のみ1日限定上映

「エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ」
11月12日(金)~14日(日)

©2021 Bushbranch Productions Ltd All Rights Reserved.

「サウンド・オブ・メタル」
11月12日(金)~14日(日)

©️2020 Sound Metal, LLC. All Rights Reserved.

「サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)」
11月19日(金)~25日(木)

© 2021 20th Century Studios. All rights reserved.

「SAION」の特徴

1.大規模ライブをも制するハイパワー&ハイレスポンス 
大きな音は歪むことなく、小さな音は明瞭に、あらゆる音をクリアに再現。スピーカーシステムはシアター環境に合わせてカスタムメイドされており、大規模な音楽ライブイベントにも対応する圧倒的なポテンシャルを備えている。

2.先進の音響テクノロジーで作品の魅力を生き生きと描き出す 
先進のサウンドプロセッサー「Q-sys」によって音響バランスを自在にコントロール。各作品にあわせて最適に調整したサウンドで製作者の意図を忠実に表現。作品が持つ魅力を細部に至るまで味わい尽くすことができる。

3.思わず息をのむような空気感、言葉を忘れるほどの臨場感
舞台に立つ役者の息づかいまで感じるような空気感、あるいは熱狂するオーディエンスとともにライブ会場で音楽を浴びているような臨場感。映画という枠を越えて多様化する上映コンテンツにおいてもその真価は鮮やかに発揮される。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事