パトリック・スウェイジが主演した1989年のアクション映画『ロードハウス/孤独の街』リブート版の制作が始動。主演に『ナイトクローラー』のジェイク・ギレンホール、監督に『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマンが交渉中と「Deadline」が伝えている。

ジェイク・ギレンホール
"Jake Gyllenhaal at SXSW 2011" by nan palmero is licensed under CC BY 2.0
バーの用心棒の活躍を描く

オリジナル版の映画『ロードハウス/孤独の街』は1989年に公開され、『ダイ・ハード』シリーズなどのヒットメーカー、ジョエル・シルバーが製作。ミズーリ州のバーの用心棒、ジェームズ・ダルトン(パトリック・スウェイジ)の活躍を描く。

最低映画を決めるゴールデンラズベリー賞5部門でノミネートされるなど評価は割れたものの、カルト的な人気を博し、ファンの間ではスウェイジの最高傑作のひとつともいわれる。2006年には続編『ロードハウス2 復讐の鉄拳』(劇場未公開)が制作された。

リブート版がオリジナル作品に忠実なストーリーになるのか、現代的にアレンジされた作品になるのかは今のところ不明。ギレンホールとリーマンのタッグが実現すればプロジェクトは大きく進展することになりそうだ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事