『ディパーテッド』『アイリッシュマン』などの名匠マーティン・スコセッシがアップル社と組み、アメリカの伝説的バンド「グレイトフル・デッド」の伝記映画を監督する。バンドのフロントマン、ジェリー・ガルシア役で主演を務めるのは 『マネーボール』のジョナ・ヒル。米Deadlineが報じている。

マーティン・スコセッシ
Peabody Awards, CC BY 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by/2.0, via Wikimedia Commons
ヒルとスコセッシ監督は2013年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』に続いてのタッグ

グレイトフル・デッドは1965年に結成されたアメリカを代表するバンドの一つ。1994年にはロックの殿堂入りを果たし、フロントマンのジェリー・ガルシアが心臓発作で亡くなる1995年まで活動した。

ジェリー・ガルシアはグレイトフル・デッドの創始者の一人で、カウンターカルチャーの象徴としても知られる。本作の内容は明らかになっていないが、報道によれば、1960年代のカウンターカルチャー・ムーブメントを背景に、バンド初期の時代にスポットを当てたストーリーになるのではないかといわれている。

Embed from Getty Images

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のマーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル

ヒルとスコセッシ監督は2013年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』に続いてのタッグ。この作品でヒルはアカデミー賞助演男優賞にノミネートされている。

スコセッシ監督は、2017年にグレイトフル・デッドのドキュメンタリー映画『Long Strange Trip』の製作総指揮も務めている。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事