アジアのみならず世界中のファンから愛されるドニー・イェンとニコラス・ツェーがW主演を果たした『レイジング・ファイア』の新たな場面写真11点と、ドニー・イェンとニコラス・ツェー二人が怒りの炎を燃やすムービングポスターが解禁となった。

ドニー・イェン「本作では動的な対決と静的な対決の両方が描かれていてそれが面白い」

『イップ・マン』シリーズで誰にも超えられない伝説を打ち立て、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、『トリプルX:再起動』とハリウッドでも唯一無二の存在感を示し、『ジョン・ウィック』シリーズ最新作にも出演するドニー・イェン。そして『ジェネックス・コップ』などでのアクションや『孫文の義士団』『密告・者』で数々の演技賞にも輝くニコラス・ツェー。ふたりがW主演を果たし、中国で公開4週連続1位を記録、220億円突破の大ヒットとなったのが本作『レイジング・ファイア』だ。

監督は、ジャッキー・チェン主演の『香港国際警/NEW POLICE STORY』や『新少林寺/SHAOLIN』、『レクイエム 最後の銃弾』など数多くの大ヒット作を放ち、ポリス・アクションを極め、さらにサスペンスとヒューマン・ドラマを融合する名手としても知られるベニー・チャン。2020年に58歳で惜しまれながら他界し、遺作となる本作で、中国で公開された香港映画歴代1位の興行成績を記録、香港警察アクションの新たなる金字塔を打ちたてた。

今回、新たに解禁となった場面写真では、ドニー・イェン演じる正義に燃えるチョン警部、ニコラス・ツェー演じる復讐に燃える元エリート警官ンゴウの姿や激しい肉弾戦などが捉えられている。

何かを決意したかのような表情のスーツ姿のチョン警部、武器を持った相手に拳で立ち向かう様子、ンゴウとの一騎打ちの場面など緊張感が伝わるカットや、かつてチョン警部と師弟関係だったンゴウとチョン警部の仲を永遠に引き裂くこととなった雨の中のとある事件の場面など、ドニー・イェンとニコラス・ツェーのキャラクターと存在感が際立つシーンカットの数々だ。

本作を振り返り、ドニー・イェンとニコラス・ツェーは、ベニー・チャン監督の世界観、イメージ・デザイン、その手引きから、それぞれのキャラクターと「どんな人の心にも正義感があるが、逃れられない闇も抱えている」という本作のメッセージを心から信じることが出来たという。またドニーは「本作では、動的な対決と静的な対決の両方が描かれていて、それが面白い」と語っている。

さらに、怒りの炎を燃え上がらせたドニー・イェン、ニコラス・ツェーのムービングポスターも解禁。ベニー・チャン監督の集大成に欠かせなかった二人のスター、ドニー・イェンとニコラス・ツェー。宿命を背負い闘う男たちの怒りの炎が激突する、衝撃の死闘をお見逃しなく。

『レイジング・ファイア』は12月24日(金)TOHOシネマズ日比谷他にて全国公開。

作品情報

レイジング・ファイア
2021年12月24日(金)TOHOシネマズ日比谷他 全国公開

【STORY】 
すべての悪を憎むチョン警部が、何年も追い続けた極悪犯ウォンの薬物取引に、遂に踏み込む日がやって来た。ところが、直前になってチョンのチームは作戦から外され、警察の動きを熟知した何者かが、捜査官たちをウォンの一味もろとも惨殺しブツを奪う。捜査線上に浮かび上がったのは、元エリート警察官で、チョンを師のように慕っていたンゴウと彼の元部下たちだ。遡ること4年前、チョンとンゴウを永遠に引き裂く事件が起きていた。その時、生まれたンゴウの闇より深い復讐心が、さらに恐るべき計画を企てていた──。

監督・脚本・プロデュース:ベニー・チャン
主演・アクション監督・プロデューサー:ドニー・イェン 主演:ニコラス・ツェー チン・ラン
スタント・コーディネーター:谷垣健治
原題:怒火・重案/2021/香港・中国/カラー/シネスコ/5.1ch/126分/字幕翻訳:鈴木真理子/PG12

配給:ギャガ

©Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited ALL RIGHTS RESERVED

公式サイト gaga.ne.jp/ragingfire/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事