第71回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門でグランプリを受賞した『ボーダー 二つの世界』の鬼才アリ・アッバシ監督がベルリン国際映画祭ほか世界中の映画祭を席捲し、名作『ローズマリーの赤ちゃん』と並ぶ「マタニティ・ホラーの最高傑作」と絶賛された『マザーズ』が2022年1月21日(金)より公開。このたび予告編とポスタービジュアルが解禁された。

ミッドサマー』も話題を呼んだビョルン・アンドレセンが脇を固めているのにも注目

本作は、代理母となった若きシングルマザーに奇妙な異変が襲い掛かるホラー。シングルマザーのエレナは、ルイスとカスパー夫妻の家へ住み込みの家政婦としてやってきた。夫妻は資産家ながら、自給自足の生活を目指し、電気も水道も通っていない生活を送っている。

幼い息子を実家に預け、出稼ぎにきているエレナには、その生活スタイルは恵まれた者の遊びにも映るが、夫妻の人柄に触れ次第に家族のようになっていく。そんなある日、エレナはルイスから代理出産を懇願される。息子と一緒に暮らせるアパートを買うと言われ、同情心もあり引き受けるエレナ。しかし、妊娠直後からエレナの体に異変が起きる…。お腹の赤ちゃんが自分を殺そうとしているような…。果たして彼女に宿ったものとは…?

主演を務めるのは『テルマ』のエレン・ドリト・ピーターセン。『ミッドサマー』も話題を呼んだビョルン・アンドレセンが脇を固めているのにも注目だ。

今回解禁された予告編は、シングルマザーのエレナがある夫婦の家に家政婦としてやってくるところから始まる。子どもがいないという夫婦に代理出産を依頼されたエレナはそれを引き受けるが、妊娠直後から体に異変が起き始める…。予告の最後、「どうかお許しを」というセリフが意味するものは何なのか?

ロサンゼルス・タイムズ紙は本作を「マタニティ・ホラーの最高傑作」と絶賛。またインディワイア「まるでデイヴィッド・リンチ版『ローズマリーの赤ちゃん』」、ニューヨーク・タイムズ紙「母親たちの無邪気さが何より怖い」、ハリウッド・リポーター誌「名優たちによる迫真の演技に目が離せない」と各メディアもこぞって賞賛を寄せている。

『マザーズ』は2022年1月21日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開。

作品情報

マザーズ
2022年1月21日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開

出演:エレン・ドリト・ピーターセン『テルマ』、コスミナ・ストラタン『汚(けが)れなき祈り』、ピーター・クリストファーソン『特捜部Q キジ殺し』、ビョルン・アンドレセン『ミッドサマー』
監督:アリ・アッバシ『ボーダー 二つの世界』/脚本:アリ・アッバシ『ボーダー 二つの世界』、マレン・ルイーズ・ケーヌ『クィーン・オブ・ハーツ』/音楽:マーティン・ディコルフ『ボーダー 二つの世界』/撮影:ナディム・カールセン『ボーダー 二つの世界』、シュトゥルラ・ブラント・グロヴレン『アナザーラウンド』、オリヴィア・ニーアガート=ホルム『ボーダー 二つの世界』/視覚効果:ペーター・ヨルト『ボーダー 二つの世界』

2016年/デンマーク、スウェーデン合作/デンマーク語・英語・ノルウェー語、スウェーデン語、ルーマニア語5.1ch/92分/デジタル/R-15
原題:Shelley

配給:AMGエンタテインメント

© 2016 Profile Pictures ApS

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事