世界中で大ヒットし社会現象となった『ジョーカー』に続くDCユニバースに属さない注目の最新作『THE BATMAN-ザ・バットマン-』(2022年3月11日公開)の特別予告が解禁された。ロバート・パティンソン演じる青年ブルース・ウェインが、最狂の知能犯リドラーが仕掛ける“謎解き”を追ううちに、次第に翻弄され、「嘘」に隠された真実が暴かれていく注目の映像だ。

「ご両親は慈善家だったのに、あなたは何もしてない」

本作はクリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来、全世界が待ちわびたバットマンの単独映画。サスペンスの要素が色濃く、『ダークナイト』シリーズや『ジョーカー』を彷彿とさせるような世界観に包まれており、知能犯リドラーが社会に蔓延した「嘘」を暴いていく物語となっている。

リドラーの仕掛ける“謎解き”によって、本性が狂気に変貌していく青年ブルース・ウェイン。彼が“バットマン”になろうとする様子がミステリアスかつエモーショナルに展開していく。注目のブルース・ウェイン役には、『ハリー・ポッター』『トワイライト』シリーズで一躍人気俳優の仲間入りし、日本でリピーター続出という社会現象を巻き起こした『TENET テネット』で主人公のバディ“ニール”を好演するなど、演技派俳優として再び注目を集めているロバート・パティンソン。未熟で、善と悪の間で揺らぐ人間味あふれる、見たことのないバットマンの姿に全世界が期待を寄せている。

このたび解禁された特別映像は、青年ブルース・ウェインが「もっと社会に貢献したら? ご両親は慈善家だったのに、あなたは何もしてない」と冷たい言葉を放たれるところから始まる。両親が築き上げた成功の残像に追いかけられ、嫌気がさしているブルースの表情。

そして、史上最狂の知能犯リドラー(ポール・ダノ)の登場。激しいカーアクションシーンが続き、壮絶な物語への期待があがる。被害者とウェイン家との繋がりが示すものとは何なのか?「仲間にならない?」と話を持ち掛ける謎の美女セリーナ(ゾーイ・クラヴィッツ)。バットマンに近づく彼女の目的とは? さらには、ブルースが側近アルフレッドに「これまでずっと俺に嘘を…?」と迫る謎めいたシーンも。

映像では、ウェイン家の一員として生きてきたブルースの信念が揺らぎ始める姿を見ることができる。そのミステリアスな表情の裏に隠された彼の本性とは? 社会の「嘘」を暴こうとするリドラーが放つ「お前もその一部だ」という言葉と、新たに仕掛けられた“謎解き”の真の意味とは? 犯罪者を力でねじ伏せる“バットマン”になろうとする一方で、リドラーが次々に仕掛ける”謎解き”に翻弄されながら、夜の闇の中で敵や警察に追われ、怒り、憎み、激しい戦いの中に身を投じていくブルース・ウェイン。張り詰めた緊張感のなか展開するアクションシーンにも注目だ。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は2022年3月11日(金)全国公開。

作品情報

THE BATMAN-ザ・バットマン-
2022年3月11日(金)全国公開

STORY
優しくもミステリアスな青年ブルースは、両親殺害された社会への復讐を誓い、夜は黒いマスクで素顔を隠し犯罪者を見つけては力でねじ伏せ、悪と敵対する存在の“バットマン”になろうとしている。ある日、権力者が標的になった連続殺人事件が発生。その犯人を名乗るのは、史上最狂の知能犯リドラー。彼は犯行の際、必ず“なぞなぞ”を残し、警察や世界一優秀な探偵のブルースを挑発する。いったい何のために犯行を繰り返すのか? そして暴かれる、政府の陰謀とブルースにまつわる過去の悪事や父親の罪…。追い詰められたその時、彼の心の中で、何かが音を立てて壊れ始めた―。あなたは世界の嘘を暴き、人間の本性を見抜けるか――。

監督:マット・リーヴス 脚本:マット・リーヴス マットソン・トムリン
キャスト:ロバート・パティンソン、コリン・ファレル、ポール・ダノ、ゾーイ・クラヴィッツ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライト
ほか

© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

公式サイト:https://wwws.warnerbros.co.jp/thebatman-movie/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事